top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SnowMan向井康二、明石家さんまの楽屋へ大量のシングル持ち込み…ガックリされる?その理由とは?

COCONUTS

さらに、見た目に関するコンプレックスがあると話す向井さんは「鼻」がコンプレックスだと明かしました。

カメラが一気に向井さんへ寄ると「寄るのも(カメラが)ちょっと嫌なんですけど」というと更にアップで映される向井さん。「あぁ〜もう最悪、やめてー!もう!」と下を向いてしまいます。

鼻の穴の形が”お山”になっていることが気になっているようで、過去には「お菓子とか入んの?とかビー玉とかどう?とかイジられてましたもん僕」とコメント。また、1番大きいもので「500円玉」が入ったことも告白し、共演者を驚かせます。

鼻の穴を大きくすることができると言い、鼻を膨らませようとするも、さんまさんは「アイドルがやったらあかん顔やけどな」と指摘。

鼻が大きくなった原因として、向井さんの母親が「鼻を膨らませる芸」をしていたこともあり、それを真似して「お母さんを笑わせたい」という気持ちでやり続けたと語りました。

広告の後にも続きます

ネットでは「お母さんに笑ってもらうために鼻を広げて遊んでた幼き向井康二くん出来すぎでは…!?」「お母さんのこと笑わせたくて、鼻が大きくなっちゃったとかめちゃくちゃ優しいやん… 優しさの証やん… 好きよ、こーじのそのお鼻好き」など向井さんの優しさが詰まったエピソードに感動した方も多かったようです。

向井さんはその後「鼻を小さく見せる技」を披露したものの、さんまさんからは「何してんのお前、中2の教室じゃないぞアホ」と厳しいツッコミが飛び、スタジオは爆笑で包まれました。

■向井康二流の「走り方」に出川「アイドルだやっぱ」感心した理由とは

ほかにも、番組では、「走り方」で意識していることについての話題に。

前髪を横流しにしている向井さんは、走るときに前髪が分れないように横向きで走ってしまうと話します。さらに、それをいかにバレないように走るかも大切になポイントだと語る向井さん。

これには共演している出川哲朗も「すげー、アイドルだやっぱ」と感心した様子でした。

■デビュー曲を「1人じゃ歌えない」向井康二が語る苦労とは

Snow Manのデビュー曲を歌わされるという向井さんは「嫌なもんやろ?」とさんまさんから言われると「デビュー曲は正直、1人じゃ歌えないんですよ」とコメント。

「9人パートなんで息も持たないし、全部歌えないんで終わった後にガッカリされます」と本音を吐露しました。

番組全体を通して、さんまさんと沢山トークを繰り広げた向井さん。Twitterでは「向井康二」の名がトレンド入りを果たし、ネットでは「こーじくんめちゃくちゃ活躍するやん!!!!!!!!! さすがすぎる!」「こーじくんの気遣いが溢れてて、素敵な人だなあと思いました!」など多くの声があがりました。

多くのゲストがいる中、沢山話すことができた向井さん。Snow Manと向井さんの今後の活躍にも目が離せませんね。

(アイドル担当ライター:成田エイリ)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル