top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

一瞬で江戸時代! 中村勘九郎、中村七之助『全国芝居小屋錦秋特別公演2017』制作発表記者会見レポート

SPICE


中村勘九郎、中村七之助を中心とした中村屋一門が毎年行う全国巡業公演「錦秋特別公演」。13年目を迎える今回は、各地の一般的なホールや劇場ではなく、江戸後期から昭和初期に築かれた全国の古い芝居小屋を巡る特別企画で注目を集めている。

会場となるのは、加古母明治座(岐阜県)、東座(岐阜県)、相生座(岐阜県)、金丸座(旧金毘羅大芝居、香川県)、内子座(愛媛県)、八千代座(熊本県)、嘉穂劇場(福岡県)、ながめ余興場(群馬県)の全8か所。11月3日の開幕に先がけて都内で開かれた制作発表記者会見に、中村勘九郎、中村七之助が登壇した。

一流の文化に触れる場所

「芝居小屋は、その町の人々にとって、かつて一流の芸に触れる場所であり、暮らしに潤いと楽しみをもたらす場所でした。伝統と文化を育む場所でもありました」

そう語るのは、全国芝居小屋会議会長の稲本隆寿氏。時代の変化によりテレビ・映画など、新たな楽しみの登場により芝居小屋の存在感が薄らいでいったことを指摘。一方で、特色ある使い方や工夫により、新たな光を放っている小屋もあると語り、「今回の公演を通し、各地の小屋の素晴らしさを再発見し、新しいイメージを与えていきたい。伝統・文化が町の未来を切り拓く大きな力になるように取り組んでいきたい」と意気込みを語った。


左から、全国芝居小屋会議会長・稲本隆寿氏、中村勘九郎、中村七之助



広告の後にも続きます

勘九郎と七之助、ふたりの父である十八代目中村勘三郎は、2005年より始まった襲名披露興行の一環で、2006年にも各地の古い芝居小屋で巡業をした。七之助はその公演に出演。勘九郎も当初その予定であったが、自身の右ひざの怪我により出演を断念した経緯がある。勘九郎は挨拶で次のようにコメント。

「とても楽しみです。今回はリベンジということで、新鮮な気持ちで舞台に望ませていただきます。一生懸命芝居し、町の方々に笑顔になっていただければうれしく思います。前回2006年の全国芝居小屋公演については、父をはじめ、皆さんから面白いエピソードをいろいろ聞かされておりました。ぜひ今回、私も体験したいです」


中村勘九郎



七之助も、挨拶で2006年の公演をふり返る。

「芝居小屋は三者三様です。その小屋、その小屋に、父との思い出、町の方々との思い出が詰まっております。当時を懐かしみながら、兄弟で力をあわせ芝居小屋に魂を入れたいと思います」


中村七之助



『全国芝居小屋錦秋特別公演2017』演目

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル