top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビートルズ来日狂騒曲、父親失踪の詳細が明らかになった「ひよっこ」第13週まとめ読み

music.jp|テレビ・映画

ビートルズ来日狂騒曲、父親失踪の詳細が明らかになった「ひよっこ」第13週まとめ読み(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。6月26日(月)〜7月1日(土)朝8時から放送された第13週では、ビートルズ初来日の話題で持ち切りとなった1966年初夏が舞台。ビートルズ来日の報に興奮を隠せないでいるのは、ドラマのなかでもひときわ異彩を放つ宗男叔父さん!! チケットも持ってないのに東京に来てしまった。

宗男さんの妻役・静ちゃんが満を持して登場!!

1966年春、日本はビートルズの初来日の話題で持ちきりだった。奥茨城でもひとりだけ、奇声を上げて大騒ぎしている人がいる。みね子の叔父、小祝宗男(峯田和伸)だ。来日のニュースを聞いて以来、仕事も手につかず、自室にこもってビートルズのコレクションを眺めてはため息をついたり、歩き回ってみたり。とにかく落ち着かない。

「さっさと働け」嫁さん・滋子(山崎静代)の雷が落ちた。これまで宗男の回想シーンの中で、シャドーボクシングをするだけの存在だったが、ついに姿を現した!! いやはや静ちゃん、演技はほとんど棒だけど、異様な迫力(笑)。宗男さんも思わず縮み上がった。

父親失踪の詳細が明らかに

そのころ東京では、谷田部みね子(有村架純)のもとに父親失踪についての続報が、元警察官の綿引正義(竜星涼)からもたらされた。実(沢村一樹)はひったくりに遭い、取られた給料を取り返そうともみ合ううちに角材で頭を殴られたのだという。以来、その行方はようとして知れないとのことだった。

父親は自ら姿をくらましたわけではなかった。でも、もしすべてを忘れていたとしたなら……。みね子は動揺した。あかね荘の電話を借りて実家に電話をする。住人たちはただならぬみね子の様子に、つい聞き耳を立ててしまう。事情を知った彼らは、炊事場にみね子が入ってくると、遠慮がちに目をそらした。しかし久坂早苗(シシド・カフカ)だけは違った。みね子が黙っていたことに抗議したのだ。彼女はみね子に友情のようなものを感じているらしい。ぶしつけな抗議に、みね子も反論する。いらぬ同情を受けたくなかったと。腹の内をぶちまけて、みね子も少しは肩の荷が軽くなった様子。笑顔も混じるようになった。

広告の後にも続きます

歯磨き粉の大量買い付け

すずふり亭の牧野鈴子(宮本信子)は、けなげに働くみね子を見て、彼女にも楽しいことがあればいいのにと願う。そんな願いが神様に通じたのか、みね子に電報が届いた。宗男からだった。「ビートルズがやってくる」とだけあった。

みね子は宗男の思いを斟酌して、ある行動に出る。それは歯磨き粉の大量買い。ビートルズの日本武道館公演のチケットが当たる応募券がついていたのだ。余った歯磨き粉はすずふり亭やあかね荘の人たちに売りさばき、回収した資金でまた歯磨き粉を買うというギャンブラーっぷり!! みね子さん、今後パチンコ屋とかには近寄らないほうがいいと思いますよ。

奮闘むなしく、チケットが当たることはなかった。ため息をつきながら中庭に出ると、そこには宗男がいた。口をあんぐり開けたまま言葉も出てこないみね子に、宗男が説明する。チケットは入手できなかったけど、いてもたってもいられず出てきてしまったのだと。宗男は、東京滞在中はあかね荘に転がり込むつもりのようだった。

チケット応募券付歯磨き粉!! 現在では景品表示法上、こうした景品は難しいと思われるが、この頃はけっこう野放し状態だったよう。昭和初期生まれの筆者の母親によれば、ある調味料では子どものいる家庭への浸透を狙ってヘリコプター乗車券なるものを景品にしていたこともあったという。近所のオバサンたちがスーパーに買い占めに走っていたらしい(笑)

NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ
http://music-book.jp/video/nod/title/230K08

  • 1
  • 2