top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画が歴史ある商店街を救う? “日本最小のフィルム上映館”と藤棚シネマ商店街

goo映画

執筆:中山治美

“日本一小さなフィルム映画館”こと「シネマノヴェチェント」(神奈川県横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F)。その周辺には藤棚商店街や古道・保土ヶ谷道の佇まいなどがある。

「自宅から映画館までの行き帰りも含めて一つの映画体験」と語る「シネマノヴェチェント」代表・箕輪克彦さんの言葉通り、フィルム上映にこだわる昭和の香り漂う映画館が、この町に引き寄せられて誕生した理由が見えてくるようだ。また、映画館ができたことで町が得たものとは?

100年以上の歴史を持つ藤棚商店街(撮影:中山治美)

「シネマノヴェチェント」がお勧めする地元の味は?

人が行き交う道には観光とグルメ有り。ということで、まずは箕輪さんにお勧めをうかがった。真っ先に上がったお店は、手作りさつま揚げで知られる「今井かまぼこ店」(横浜市西区中央2-5-13)。シネマノヴェチェントとは、2015年にコラボ企画「今夜は名画で、さつま揚げNight!」を開催したこともある店だ。

広告の後にも続きます

あまりにも美味しそうだったので、店頭でさつま揚げ「はま焼き」を注文。ソースとおかかのかかったさつま揚げは、食べ応えのあるたこ焼きという感じで美味。横浜の街が描かれた包装紙がキュートだったので、お土産セットも購入した。ウィンナー巻やチーズ巻などバラエティに富んでいて遊び心もいっぱい。

左/「今井かまぼこ店」のはま焼き 右/イラストがかわいいお土産セット(撮影:中山治美)

「シネマノヴェチェント」の来場者にもお馴染みのお店といえば、インドレストラン「ラスミ」(横浜市西区中央2-24-3)。アニメ『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』(1993)の上映イベントなど、懇親会会場として利用しているそう。

親睦会の会場にもなる「ラスミ」(撮影:中山治美)

なんと言っても魅力はお手頃価格で味わえる本場の味。シネマノヴェチェントより少し早い2014年オープンだが、共に他の地域から藤棚商店街にやってきたこともあって「同志のような存在」と箕輪さんはいう。

本格的なコーヒー専門店も登場

そんな昔ながらの面影を残す商店街には、いま新たな店が続々オープン。その一つが西前日用品市場内にある自家焙煎のコーヒー豆専門店「405 COFFEE ROASTERS」(横浜市西区中央2-24-6)だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル