top_line

絶対ドキッとする! 男性が好きな仕草ランキング

マイナビウーマン

女性のちょっとした仕草に男性はドキッとするもので御座います。

髪を掻き上げた時。

足を組み替えた時。

真剣に仕事をしている時。

男性は女性のそんな仕草にいちいちドキッとしております。

今回はそんな男性がドキッとする仕草について解説させて頂きます。

■男性がドキッとする女性の仕草

男性がドキッとする仕草は突き詰めるとひとつしかありません。

「普段見えないものが見える」

例えば「髪をかきあげる」という仕草は、普段見えないうなじが見えるからこそ男性はドキッとするのです。

このように言うと「チラ見せ」的なことばかり想像してしまいがちですが、「普段見えないもの」というのは胸元やうなじのような性的なシンボルだけでは御座いません。

他の人には見せない笑顔や真剣な顔も「普段見えないもの」で御座いますし、「上品な箸使い」もまた「普段は見えない育ちの良さが見える」という意味で「普段見えないもの」なのです。

もちろんなんでもかんでも「普段見えないもの」を見せれば良いという意味では御座いません。

「普段見えないもの」を見ると男性は確かにドキッとしますが、逆に「ちょっとがっかり……」というように逆の意味でドキッとすることもあるのです。

■おっぱいチラ見論

「男性がチラ見しているのはすぐにわかる」と仰る女性は非常に多いのですが、これは失礼ながら愚かなる誤解と言わざるを得ません。

たしかに女性が「チラ見してるな」と気がついた時、男性はチラ見をしていることでしょう。

しかし現実的に男性はその何倍も女性をチラ見しているのです。

「ゴキブリが1匹いたら50匹いると思え」という格言が御座いますが、男性のチラ見もまさにこの格言と同じでしょう。

もしも皆様が「あ、チラ見してる」と一度気がついたのであれば、男性は50回ほどチラ見をしています。皆様はたまたま50回目に気が付けただけで、残りの49回はチラ見されたことに気がついてすらいません。

男性は女性が思っているよりもはるかに女性のことをチラ見しております。

事実、私はこの記事を喫茶店で書きながら50回ほど隣の女性をチラ見していますが、おそらくバレたのはせいぜい2、3回でしょう。

■男性がドキッとする女性の好きな仕草ランキング

それでは具体的に男性がドキッとする仕草をランキング形式で解説させていただきましょう。

相手の男性によって多少の上下は御座いますので、相手の男性の様子を見て使い分けていただければ幸いです。

◇1位:笑顔

笑顔が仕草と言えるかどうかは微妙ですが、女性の笑顔にドキッとしない男性は恐らくこの世界にひとりもおりません。

特に子どものようなあどけない笑顔は最強の武器になるでしょう。

◇2位:「いただきます」と「ごちそうさま」

漫画『宇宙兄弟』ではヒロインの伊東セリカがひとりでご飯を食べる時でも「いただきます」と「ごちそうさま」を言っていることに主人公の六太が感心するシーンが御座います。

食事の前にきちんと「いただきます」が言えるというのは、それだけで育ちの良さをチラ見せすることが出来るので現実でも勿論効果的でしょう。

もしも声を出すのが恥ずかしければ、手を合わせるだけでも構いません。

◇3位:目の前で屈む

少年漫画でありがちな「おっぱいチラ見せ」のシーンで御座いますが、漫画に描かれるだけのことはあり、現実でも非常に効果的でしょう。

ただし男性の名誉のために言っておくと、男性は何もおっぱいだけにドキッとしているわけではありません。

「自分の前で屈む」という行為から「心を許されている」と感じるのです。

勿論おっぱいにもドキッとしていますが、胸が全く見えないような服装であっても「許されている」と感じるので効果は十分に御座います。

◇4位:足を組み替える

目の前で屈むとほぼ同じ構造ですが、足の組み替えにも男性がドキッとするのは間違いありません。

また足の組み替えも「許されている」という感覚を与えることは出来るのでパンツスタイルであっても効果は御座います。

勿論スカートのほうが効果的なのは間違いありませんが……。

◇5位:ぶりっ子行動

ぶりっ子的な行動は間違いなく男性をドキッとさせます。

お菓子を食べる時に両手でお菓子を持ったり、机に足をぶつけた時に「いてっ」とかわいらしく言ったり、男性の前でだけ声のトーンがワントーン上がったり……。

読んでいるだけでイライラした方も多いことと思いますが、ぶりっ子行動が男性をドキッとさせるのは間違いありません。

ただし女性からは物凄く嫌われるので、使いどころは非常に難しいでしょう。

◇6位:髪をかきあげる

定番中の定番である「髪のかきあげ」で御座いますが、これはもはや条件反射のようなものでしょう。

実際にドキッとするかどうかではなく、男性は幼い頃から「髪のかきあげはドキッとするものである」と刷り込み教育をされているのです。

ですので、効果的はありますが、世の中で言われているほどでは御座いません。

また、髪をかきあげるとトリートメントの香りが広がり、匂いの面でも男性をドキッとさせることが可能です。

◇7位:服の首元を掴みパタパタしている

「服の首元をパタパタする」はたしかに男性をドキッとさせますが諸刃の剣。

露骨すぎるので、男性が目の前にいる時に行うと下品に写ってしまう可能性も少なくありません。

「誰にも見られていないと思ってやったら、たまたま目撃されてしまった」というシチュエーションにしなければならない高等テクニックと言えるでしょう。

◇8位:真剣な表情

仕事やスポーツ、趣味でも良いのですが、何かに集中している表情は男性をドキッとさせます。

普段は見られないものが見えるという側面もありますが、何かに真剣な顔は男女問わず魅力的なのです。

◇9位:愚痴を言う

ハイリスクな方法であることは否めませんが、「愚痴」もまた男性をドキッとさせる仕草と言えるでしょう。

学生ならまだしも社会人になれば、仲良くない人の前で愚痴などつきません。逆に言えば、愚痴を言うというのはある種の親愛の証なのです。

もちろん相手によっては「性格の悪い女」と写ってしまいますが、軽い愚痴をこぼすくらいであれば効果的に働くことのほうが多いでしょう。

◇10位:きれいに字を書く

きれいな字は知性の象徴と言えるでしょう。

実際のところ字がきれいでも知的とは言い難い方もいますし、天才は得てして字が物凄く汚いものですが、そんなことは重要では御座いません。

人は字がきれいな人に知性と育ちの良さを感じるのです。

◇11位:指で唇に触れる

心理学的には唇は性の象徴部位だそうです。

それが本当かどうかはわかりませんが、女性が唇に触れる仕草に男性がドキッとするのは間違いありません。

◇12位:うたた寝

やや「※ただしかわいい子に限る」なところは否めませんが、女性の寝顔にドキッとする男性は少なくありません。

もちろん普段見られない寝顔にドキッとするという理由も御座いますが、それ以上に「自分の前で寝る」という行動に男性はときめいてしまうのです。

◇13位:(さりげない)ボディタッチ

彼の後ろを通る時に、優しくどかすように触れるも良し。

ツッコミを入れる時に、軽く叩くも良し。

隣を歩いている時に、ちょっとだけ手の甲を打ちつけるも良し。

男性をドキッとさせたいのであれば「ボディタッチ」の右に出るものはありません。

◇14位:(露骨な)ボディタッチ

さりげないボディタッチは高校生のようなドキッと感を演出できますが、露骨なボディタッチは大人のドキッを演出することが出来るでしょう。

さりげないボディタッチと比較して、ややリスクが高いのは否めませんが、よほど特殊な場合をのぞき効果的なのは間違いありません。

◇15位:見つめてから目を逸らす

相手の男性をじっと見つめて、相手がこちらの視線に気がついたら目を逸らす。

この際にちょっと照れた表情を入れることができれば完璧ですが、それ抜きでも男性をドキッとさせることが出来るのは間違いありません。

良い意味でも悪い意味でも男性は比較的ポジティブなので、女性から見つめられると「もしかして俺に気があるのか」と錯覚をするのです。

さらに目を逸らすことで勝手に「照れている」と思い込むので効果的でしょう。

■男性を逆の意味で「ドキッ」とさせる仕草

「チラ見せ」をされることで男性はドキッと致しますが、ドキッとしたからといって相手のことを好きになるとは限りません。

残念ながら悪寒のするようなドキッもまた存在するのです。そして、そんな仕草を見せられたら、男性が好意を持つどころか逆に距離を取られてしまうことでしょう。

◇露骨なセクシーポーズ

総合エンタメサイトのDMMで「清純」と入力して検索してみればお分かりいただけることでしょう。

男性はたとえAVであっても「清純さ」を求めている生き物なのです。

露骨なセクシーポーズは女性が思っているよりもはるかに男性の気持ちを萎えさせますのでくれぐれもご注意くださいませ。

◇下ネタ

過激な下ネタを言う女性は“女性からの”支持はそれなりに集めますが、男性からの支持はほぼ得られないと思ったほうが良いでしょう。

繰り返しになりますが、男性は基本的に「清純さ」を求めているのです。下ネタで照れちゃう姿は見たくても、下ネタを言いまくる女性を見たいわけではありません。

◇手を叩いて笑う

飲み会の席などであれば問題ありませんが、やはり男性の目には「女性らしさ」を感じさせない行為として映る可能性が高いでしょう。

ただし「友達」としては非常に魅力的に見えるので、相手の男性と「友達」になりたいのであれば効果的な方法です。

あざとすぎない仕草を身につけよう

チラ見せ以外に、男性をドキッとさせる最強の方法は「ボディタッチ」で御座います。

しかしこれは使いすぎると「軽い女」に見られてしまうので、日頃は「チラ見せ」で攻めつつ、ここぞという場面でボディタッチを使うと良いでしょう。

ただし、ほぼすべての仕草に共通するのですが、基本的に男性が好きな仕草は女性からは嫌われる傾向が御座います。

その仕草をする時は、同僚や友人に見られないように注意をしたほうが良いでしょう。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル