top_line

宇治金時、タピオカ、ドリアン…台湾のピザが独創的すぎると現地でも騒然

fumumu

(Andrii Bicher/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

タピオカピザにドリアンピザ…そして新商品として登場したのは「京都宇治金時」ピザ?台湾のピザチェーンが「攻めすぎ!」と現地で大きな話題となっています。


■宇治金時ピザとは

ピザハット台湾が新商品として自信をもってお届け! と公開したのは、「Hot 和風 京都宇治金時」という商品。

公式サイトに掲載されている情報によると、あずき、白玉、抹茶ソース、抹茶パウダー、抹茶クリームがトッピングされているようです。

商品紹介には「京都の抹茶となめらかなあずきペーストにもちもちの白玉、そして抹茶クリームが合わさった逸品。絶妙な味で手がとまらないはず!」と書かれていました。ちなみに、ベジタリアンでもOKの商品だそう(牛乳を飲んでもよいベジタリアンに限る)。


関連記事:イタリアは食べ物が美味しすぎる! 旅行で絶対に食べたい人気グルメ

■「伊と日に謝罪せねば」

この商品が発表されると、ツイッターの台湾勢は「イタリアが封鎖されている間になんてことを!!」と大騒ぎ。

「イタリアへの挑戦状か…?」「イタリア人と京都人に謝らなければならない」「いまどっちも台湾に入国できないからな」といったコメントが殺到しました。

中には「日本がタピオカや小籠包を魔改造した事に対する反撃か」といったユーモアあふれるご意見や、「奇妙なメニューだけど抹茶好きとしては試してみたい…」など、食べてみたいと思う人も。

構成物質的には美味しそうなメニューですが、日本人はともかくイタリア人が見たら「これはピザじゃない」と言われてしまいそう…。

■ドリアンピザもあるよ

ピザハット台湾は、この他にも驚きのメニューを打ち出していました。現在販売しているものでは「黄金のドリアンピザ」が、もっとも異色と言ってもいいでしょう。

「ドリアンとモッツアレラチーズの完璧な組み合わせ! 香ばしい果肉と濃厚なチーズが貴方に新感覚の衝撃をもたらします!」とのことですが、こちらも現地のファンには賛否両論。

台湾出身の方によると、食べたらクセになる人もいるそうですが、そもそもドリアンが苦手な方には不向きだということが分かっています。

京都宇治金時が329元(約1184円)に対し、ドリアンピザは750元(約2700円)と、ほぼ倍のお値段であることも特徴。この差は原材料のドリアンが高価である故とみて間違いないですが、ますます手が出しにくい…!


■タピオカピザ…?

また、現在ドミノ・ピザ台湾では「タピオカミルクティーピザ」が提供されており、こちらは中々人気があるとのこと。

ローカライズという名の魔改造は日本でよく見かける光景ですが、台湾のピザチェーンも面白い取り組みでは負けていません。

ドミノピザに関しては大手コンビニ・セブンイレブン台湾の店舗で食べられるメニューもあるので台湾旅行の際には是非試してみては如何でしょうか?ただし、イタリア人の友達がいる場合は彼らに見つからないように…。

(文/fumumu編集部・AKO

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル