top_line

亀梨和也、自身の20歳を回顧「尖っていたって言われるけど…」

テレビドガッチ


3月18日(水)19時から放送される『衝撃のアノ人に会ってみた!』(日本テレビ系)では、KAT-TUNの亀梨和也が“野球界のキムタク”の家族のもとを訪れる。

同番組は、テレビやSNSの衝撃動画、新聞などで話題となった「衝撃のアノ人」を探し出し、「今だから話せる真実」「隠されたエピソード」、さらにはその後の人生も描くヒューマンドキュメントバラエティ。MCを桝太一日本テレビアナウンサー、衝撃レギュラーを霜降り明星(せいや、粗品)が務め、スタジオゲストとして、亀梨、IMALU、関根勤、波瑠、松嶋尚美が出演する。

現役時代には日本代表としてオリンピックで銅メダルを獲得するなど、“野球界のキムタク”として人気を博した巨人の木村拓也コーチ。2010年、試合直前の練習中、彼はくも膜下出血で倒れ、37歳という若さで亡くなった。当時10歳だった長男は、父の追悼試合で始球式のピッチャーを担当。その後、父の背中を追いかけて野球を続けていた。あれから10年、20歳になった彼に、桝アナと亀梨が会いに行く。

実家に飾られている父の貴重な思い出品々を見ながら、父の思い出を語る長男。さらにほかの子供たちも登場。その成長ぶりに桝アナと亀梨は目を見張る。そして、3人が墓参りに向かうと、墓石にはある言葉が。「この言葉に助けられることが多い」という長男。彼が現在歩む道とは? IMALUは彼と自身の境遇を重ね、「最初の頃、親のおかげでいきなり大きな番組に出させてもらったり、ついていけない。すごくギャップがある」と二世の苦労を語る。 

また、スタジオ出演者達が自身の20歳の頃を回想。亀梨は「すごく悩んでいた」とKAT-TUNの活動を振り返り、「尖っていたって言われるけどそうしていないと訳が分からなくなる」と、環境の変化に戸惑っていたことを明かす。当時は仕事がなかったという波瑠は、「前向きに考えるように」と、とあることをしていたそう。霜降り明星・せいやは粗品にコンビ結成を誘われたのが20歳の頃。しかし、当時学校の教師を目指していたため、結成を悩んでいたところ、あることに気づく。せいやが教師を諦め芸人の道に進んだ理由とは……?

続いて、プロゴルファーの石川遼が登場。2011年の東日本大震災後、石川は、被災地・宮城県石巻市の小学校を訪問。家族や家を失くした子供たちを励ますために、一緒に夢を語り合った。その後、何度もその小学校を訪問し、彼らと交流を続けてきた石川。今年、いよいよ成人する彼らにサプライズで再会する。「災害があったら素早く家を建てたい」と建築家を目指した少年、父を亡くし「テレビ局に入って面白い番組を作ってみんなを笑顔にさせてあげたい」と語った少年、プロ野球選手を目指し石川に対決を挑んだ少年、彼らは今何をしているのか。そして、この9年、アメリカツアーでの挫折など自身も苦労を重ねた石川が、成人した彼らに贈る言葉とは?

そして、同じく震災後、被災地を訪れた亀梨の元に、当時出会った少年からメッセージが到着。プロ野球選手を目指していたその少年と対決した亀梨は、真剣勝負で大人の洗礼! しかしそのことがきっかけで、6年後の今、彼は大活躍しているとか!? 果たして少年が亀梨に語ったメッセージの内容とは?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル