top_line

Snow Man岩本照&深澤辰哉&宮舘涼太、パンツ一丁で“リアルスノーマン”に!『7G』

テレビドガッチ


Snow Manが、“真のスター”を目指し、お笑い“第7世代”の四千頭身、さや香、さすらいラビーとガチバトルを繰り広げる『7G〜SEVENTH GENERATION〜』(フジテレビ※関東ローカル)の第3弾が、3月26日(木)24時25分から放送される。第2弾で話題となった“ブラジリアン綱引き”を超えるチャレンジ、“GOKKANで頑張る!リアルスノーマン決定戦”に挑戦することがわかった。

MCの西野亮廣が「一流の芸能人たるもの、どんな極寒の状況にも最高のパフォーマンスを見せないといけません」と振ると、そこには大量の雪が。メンバーはパンツ一丁で特殊な透明スーツを着て、寒さに耐えながらどれだけスーツの中に雪を詰められるかを競うことに。雪を詰められれば詰められるほどリアルな“スノーマン”、つまり雪だるまのようになっていくというもの。Snow Manと芸人のどちらが、より多くの雪をまとい“リアルスノーマン”になれるのか?

チャレンジしたのは、Snow Manから岩本照、深澤辰哉、そして宮舘涼太の3人。芸人チームからは、四千頭身の都築拓紀、さすらいラビーの中田和伸、さや香の新山士彦、そして、第7世代芸人を代表するサプライズキャストが登場した。その人物が番組全体を“荒らす”ことに!

岩本が白いパンツ一丁に雪をつめるための特殊な透明スーツで登場すると、7Gメンバーは、「なんかかっこいい!」と絶賛。体を鍛えている岩本は、自信満々の様子でチャレンジがスタート。スタッフが猛スピードで雪を詰め始めると、最初は余裕な表情を見せていたのだが……。

深澤は、第2弾のブラジリアン綱引きで大活躍。体を張るミッションには欠かせない存在となった深澤は、スーツに雪が詰め込まれていくと「ぎゃぁあああああ!」と期待通りのリアクションを見せ、7Gメンバーは大爆笑する。

そして、7Gメンバーから“だて様”と呼ばれる宮舘は、いつもの冷静な表情で登場。西野から「だて様、なんか他のSnow Manと違うね(笑)」とツッコまれるほど、透明スーツが少々似合っていない雰囲気だったが、本人は気にする様子もなく「勝負に勝つというよりは、僕はSnow Manなので、本当に雪だるまになりたいです」とコメント。その自信はどこまで続くのか?

都築は「頭まで雪でおおってもらって、鼻にニンジンさしてくれてもいいですよ! リアル“オラフ”になりますよ!」と気合たっぷり。しかし、腕の部分に雪が詰め込まれていくと、表情が一変する。「バラエティとして成立しているんですか?」と涙し……。

中田と新山は、なぜか『7G』のレギュラーの座を争い、お互いを蹴落とすべく別の意味で必死のチャレンジに。一体ふたりの間に何が起きたのか?

スタジオには、温かいお湯が用意され、ギブアップしたメンバーはそこに駆け込むことができる。雪だるま状態で悲鳴を上げた泣き顔から、湯につかってほっとする表情まで、7Gメンバーの全力チャレンジは必見となっている。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル