top_line

卵と牛乳を使わない「プッチンプリン」が発売に! 植物原料だけを使って優しい甘さに仕上げているそう

Pouch[ポーチ]

卵と牛乳を使わない「プッチンプリン」が発売に! 植物原料だけを使って優しい甘さに仕上げているそう


2020年3月16日、江崎グリコの「プッチンプリン」ブランド史上初めて発売されたのは、植物原料のみで作ったプッチンプリン!

これまでの“ぷるるん”とした食感はそのままに、やさしい甘さとコクのある味わいに仕上げているのが特徴だそう。これなら、卵・乳アレルギーを気にする人も安心して食べられるし、みんなで一緒に「プッチン!」できますね!

【豆乳やきび砂糖を使ったやさしい甘さ】

プリンといえば卵や牛乳は必須の材料に思えますが、こちらのプッチンプリンは動物原料は使用せず植物原料のみ! 豆乳やアーモンドペーストでコクを、きび砂糖でやさしい甘さを出しているそうです。

卵・乳アレルギーがある人も、これなら食べられる可能性も高いのではないでしょうか? 私の周りでも、子どもが卵・乳アレルギーだけど、市販品で植物性原料のスイーツは少ないため、おやつを手作りしているという人もいます。そうした人にとっても、これは嬉しいニュースかもしれません。

ただし、アレルギーフリーではなく、アレルゲンとして大豆・アーモンドは含まれるのでお気をつけください。

【プッチンプリンブランドの定番商品になっていくかも!?】

「植物生まれのプッチンプリン ファミリーパック」は65g×3個で200円、「植物生まれのBigプッチンプリン」は155gで140円です。

卵や乳アレルギー体質の人はけっこういますし、食材に気を遣う人も増えている時代。植物原料で作ったプッチンプリンはこれから新たなロングセラー商品になっていくかもしれませんね!

参照元:江崎グリコプレスリリース
執筆:鷺ノ宮やよい

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル