top_line

いますぐ実践したくなる!「追われる女子」のLINE例文

愛カツ

男性から「追われる」女性になるためには、魅力的な女性にならないといけないと思うでしょう。

しかし、実は魅力の向上よりも、男性に対する「態度」が重要だったりするんです……!

そこで今回は「追われる女子になるLINE例文」をご紹介。

LINEの対応次第で、彼のほうから追いかけてくれるはずですよ!

LINEは自分から終わらせる

彼を追いかけていると思わせないことが、追われるための大前提。

好意を寄せられている実感があるなかでは、追いかけようとする気持ちが育ちません。

LINEのラリーを続けることも大切ですが、眠たくなったり、話題が途切れそうな雰囲気になったりしたら、自分からやりとりを終わらせること。

これこそ、「追われる女子のLINE術」です。

こちらからLINEのやり取りを終えることで、彼を追いかけていない印象が生まれます。

また、彼に「もっとLINEしたかったな」と思わせることにもつながるでしょう。

すると、彼に追いかけたい気持ちを与え、彼から連絡がくることも増えるはず。

ただし、「楽しくないから切り上げる」と感じさせてしまうと意味がないので、そのあたりの対応の仕方には注意が必要。

では、早速使える例文を見ていきましょう。

例文1「それ気になる!」

追われるために、塩対応で接する作戦もありますが、男性によっては「脈なし」と判断し、逆効果になってしまうことも……。

切り上げの大前提でもお話ししたように、適度に好意的に接することも、男性に追われるためには重要な要素です。

LINEのやりとりのなかで、彼の趣味や近況の話題になったら、「それ気になるな!」「それで? 続き気になる!」と関心を示すようにしてみてください。

関心を持たれて、嬉しくない人はそういません。

彼の行動や話に関心を示すことで、彼は次会ったときに見せよう、もっと話そうという気持ちになるはずです。

例文2「ちょっと出かけてくるね!」

「ちょっと出かけてくるね! またね!」と連絡を切り上げるのも、追われる女子のLINE術です。

LINEのやりとりよりも予定を優先する態度を見せることで、彼に執着していない態度を見せることができますよ。

また、どこに行くのか関心を惹くことができますし、いつでも連絡できる相手じゃないと思わせることで、あなたとのやりとりの価値を高めることができるはず。

例文3「私も同じこと思ってた!」

共通点や価値観の一致は、親近感が生まれるきっかけのひとつ。

LINEのやりとりのなかで「私も同じこと思ってた!」「私も今それ言おうと思ってた(笑)」など、気が合うと思わせるのも、彼の好意を高めることにつながります。

親近感が生まれますし、気が合う相手=自分を理解してくれる相手と思うはず。

男性は、自分を理解し、肯定してくれる女性を追いかけたいと思うものですよ。

おわりに

女性としての魅力を高めることはもちろん大切です。

でも、「魅力的な女性だと思わせる」ためには、努力よりも彼に対する行動が重要。

彼とLINEができているのであれば、ぜひ今回紹介した例文を使ってみてください!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル