top_line

大分県名物『日田やきそば』がパリシャキ美味! これが焼きそばの元祖

fumumu

昨今、ご当地グルメやB級グルメで多い焼きそば。そんな人気メニューの元祖が大分県にあることをご存知でしょうか。

fumumu取材班はその味を確かめるべく大分県日田市に足を運びました!


■焼きそばの元祖

訪れたのは、日田焼きそばの本家と言われる『想夫恋(そうふれん)』。中はファミレスのように広くて、親しみのある空間です。

早速メニューのチェックです。観光先での地元感あふれるメニューってワクワクしますよね!

焼きそばがメインですが、サラダなどのセットも。女子には嬉しいラインナップ!?

他に、普通のラーメンや中華料理も。家族やディナーでも楽しめそうですね!

日田焼きそばは、昭和32年に『想夫恋』の角安親氏が考案。当時は、パンもご飯も焼いたものがあるのに、麺類はなかったそう。

「麺を焼くから焼きそば」という角氏の言葉が現在の「焼きそば」の由来になっているそうです!


関連記事:燃えるような恋がしたい…海やプールでナンパされやすい女子の特徴

■素材は自社で製造

今回は、特別に厨房も見せていただきました。広い厨房には大きな鉄板が並んでいて、カウンターに座ると、まるでステーキ店のように焼いている目の前で待てるのが嬉しい!

日田焼きそばは、麺に焦げ目がしっかりついていて、もやしとともに、シャキシャキパリパリするのが特徴。麺やもやしは自社内で製造されているそう。こだわりがすごい!

しっかり焼きあがったら、豪快に”秘伝”のソースを投入。目の前で見るとジュワワ〜! っと迫力が。期待が高まりますね〜!


■見た目以上の食べ応え

注文したのは、スタンダードな「焼きそば」に卵トッピング。もやしなどたっぷりの野菜に、豚肉というシンプルな内容です。秘伝ソースの香りが香ばしい!

一見、そんなにボリュームがありそうに見えないのですが、箸を入れてみるとその重量感に驚かされます!

麺の弾力と、パリパリシャキシャキ感が相まって、とても満足感のある食感! また、秘伝のソースがしっかりとした味を演出しています。

追いソースもテーブルでできるので、濃いめの味が好きな人でも満足すること間違いなし。

観光中ってガッツリ濃い味を食べたくなりますよね。そんな気分のときにピッタリ! ご当地感あふれる焼きそばの原点。

ぜひ、大分旅行の際は立ち寄ってみてくださいね。


【想夫恋 本店】
大分県日田市若宮町416-1
TEL:0973-24-3188

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル