top_line

佐藤健「誰よりも僕がキュンキュン」上白石萌音と『恋つづ』クランクアップ

テレビドガッチ


上白石萌音が主演を務め、佐藤健が共演するドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系、毎週火曜22:00~)の最終話が、3月17日に15分拡大で放送される。このほどクランクアップを迎えた上白石と佐藤からコメントが到着した。

小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画を映像化した本作は、生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、通称“魔王”と言われる超ドSドクター・天堂浬(佐藤)に一目ぼれをしたことでナースとなった主人公・佐倉七瀬(上白石)が、医療の現場で懸命に命に向き合いながら無謀な恋にも立ち向かう、恋と成長を描いた胸キュンラブストーリー。

先週放送の第9話は平均視聴率も番組最高の14.7%を記録(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。また、見逃し配信の再生回数は『逃げるは恥だが役に立つ』を超え、第8話は史上最高となる322万回を記録。第9話も配信2日を残して既に300万回を超え、第8話を上回るペースで再生されている。1話平均でもTBS歴代1位になることがほぼ確実となった(TBS FREE、GYAO!、TVerでの合計値。※3月15日まで自社調べ)。

また、初回放送から現在までSNSも盛り上がり、毎週大きな話題となっている『恋つづ』。現在、公式Twitterのフォロワー数は38万人に到達し、公式Instagram のフォロワー数は94万人を突破、最終話を目前にしてその数は留まることを知らず日々増えつづけている。どんどん恋の加速をつづける七瀬と天堂。最終話ではいったいどんな胸キュンシーンが待っているのか、期待が高まる。

<上白石萌音 コメント>
本当に明るい現場で、もう、一人ひとりのことが大好きでたまりません。私は名前ばかり最初にあって、何も出来ず支えていただきっぱなしだったのですが、この役と皆さんに出会って、人と関わるっていいなとか、好きな人がいるっていいなとか、自分の思いを伝えるっていいなとか、想像以上にたくさんの気づきをいただきました。「勇者」に勇気をもらいました。どこまでも引っ張っていってくださった健さん、未熟者を導いてくださったキャスト・スタッフの皆さん、そしてたくさん力をくださった視聴者の皆様に、心から感謝しています。『恋つづ』大好きです。

<佐藤健 コメント>
過去経験した中で最も笑いの絶えなかった現場だったように思います。何回その空気に助けられたことか。やっぱりそんな現場は、明日も来たいなあって思いますし、何より、この空気が視聴者の皆さんに伝わったんじゃないかなあと思います。特に後半はハードなスケジュールでしたが、そんな顔を微塵も見せずに、最後までそんな現場を作り続けてくださったスタッフの皆さん、そして主演の上白石さんには頭が下がりますし、本当に感謝しています。今回の僕の役割は視聴者の皆さんをキュンキュンさせることだったように思いますけど、終わってみると僕が誰よりもキュンキュンさせてもらった3か月半でした。非常に楽しかったです。そして最高に愛しい現場でした。本当に皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル