top_line

「楽しそうな君が好き!」男性に話すおすすめ話題は?

愛カツ

「男性が喜んでくれる話題ってなんだろう……」と、悩んだことはありませんか?

でも、難しく考えないのが◎。自分が楽しいと思って話していれば、それが一番喜んでもらえるのですから。

そこで今回は、楽しく話せる話題をいくつかご提案。次におしゃべりするときの参考にしてみませんか?

好物と食べたいと思うタイミング

食べることは、人生を通じて、ずっと楽しめる娯楽。それに関する好みを知れば、お互いに親しみを持てます。

もちろん、飲み物でもOK!会話を盛り上げるには、ただ単に好きなものを聞いて終わりではありません。

どんなときに食べたくなったり、飲みたくなったりするかを話題にしましょう。

「私、○○が好きなんですけど、仕事で疲れて帰ってきたときに飲むと(食べると)ほんと最高で!」などという話題にすれば、「あ~! わかるわ~!」と共感してくれて、盛り上がれるかもしれません。

「トロっと甘いのと、ふわっとした食感が好きで」と、具体的なポイントや、「子どものころにご褒美でよく食べさせてもらえて」と、好きな理由もプラスすれば、「なるほどね~!」と、会話に筋も通り、相手の男性も満足しやすいはずです。

つい○○しちゃう話

ちょっと恥ずかしいけど、“つい”やってっしまうことってありませんか?たとえば、ついお風呂で歌っちゃう、嬉しいことがあると小躍りしちゃう…など。

「私、びっくりすると、『キャー!』じゃなくて「ヒャー!」っていいながら○○しちゃうんですよ」「なにそれ変! おれはびっくりしたら……」「いやいや、そっちのほうが変ですよ!」なんていうやりとりもまた、楽しいものです。

変な癖や、口癖、つい集めてしまうものや、家事の仕方、自分でもよくわからないこだわりなど、ツッコミどころのある「つい、○○しちゃう話」をしてみましょう。

親や先生、上司がやらかした話

親や先生、先輩や上司など、目上の人だから笑っちゃいけないけど、自分が目撃した笑える失敗談などはありませんか?

「普通は○○するじゃん? でも、うちの親は違ったの」「そのとき上司は○○だと思ってたらしいの。だから突然○○しだしてさ」「職場の先輩、こっそり○○してたの、私だけ知ってたんだけど、ある日上司に見つかっちゃって~」など。

失敗、天然っぽい行動を、ストーリーを楽しんでくれるように、面白く聞こえる工夫をして話してみましょう。

基本的には、“起承転結”を意識して、なにから話すか、頭のなかでシミュレーションしておくといいかもしれません。

そして、相手にもそんな話題がないか聞いてみましょう。

ただし、悪口やバカにしたような言い方にならないよう注意。

かわいそうな話なら、最後にフォローを入れてあげれば、さらに印象がよくなるはずです。

おわりに

共感もしてくれるものの、男性は“話す意味”を求めていることが少なくありません。

「で?」という話にならないよう、「やっぱり」「結局」「それなら最初から」「○○を考えたらあり得ない」など、最後にキッチリ話を締める意識をしてみるといいかもしれません。

男性なりに「たしかに!」「わかる!」と思ってもらえれば、自然と会話は盛り上がっていくはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル