top_line

意外とシンプル?男性が「この人と付き合いたい!」と思った理由

愛カツ

「この人素敵」と思っても、恋愛ってお互いの気持ちが盛り上がらないと始まらないのが難しいところですよね。

ではどうすれば、男性の気持ちを高められるのでしょうか?

今回は男性が「この子と付き合いたい」と思った理由を聞いてみました。

笑いのツボが同じだった

「友達の家で鍋パーティーをやるときにいい感じだと思っていた子を誘ったんです。みんなでお笑い番組を観ていたときに、笑いのツボが同じだったので、この子とは絶対上手くいくだろうと確信しました」(27歳/ゲーム会社勤務)

お笑いが好きな人にとっては、笑いのツボが合うかどうかって大事なポイントですね。

初対面で仕事や趣味のことを聞くよりも好きなお笑い芸人を聞いてみるほうが、彼の印象にも残りそうですよ。

オタクになれる趣味が一致

「友達に紹介された子とご飯に行ったとき、よく見たらネイルにはぐれメタルが描かれていたんです。そこからゲームやアニメが大好きという話になって。こんな話題を女性としたことがなかったので一目惚れしました」(30歳/家電メーカー勤務)

笑いツボの話とも被るものがありますが、「好きなものが一緒」というのは、好印象を持つきっかけになりやすいです。

「最近読んで面白かった漫画ベスト5を教えて」などの聞き方をすると、会話が広がりやすいですよ。

会話を覚えてくれていた

「前回のデートで『来週、プレゼンで今から不安』って話をチラッとしたんです。そしたら前日に『明日頑張ってね』とLINEが届いて。覚えてくれていたことと、その気遣いに心をつかまれました」(24歳/商社勤務)

わざわざ自分の話を覚えてくれていて、さらに励ましてくれるような人に好印象を持たない人っていないですよね。

誕生日を覚えて連絡する、些細なことでも次に会ったときに「あれってどうなったの?」と聞くようにすると恋愛対象として見られる機会が増えそうです。

笑ってくれた

「自分の話を楽しそうに聞いてくれたり、目が合ったときに笑ってくれたりすると、『この子、俺のこと好きなんだろうな』と思います。ずっと笑顔で話聞いてくれたらドキドキしちゃいますよ」(22歳/大学生)

同性同士だって、自分の話を否定せずに笑顔で聞いてくれる子って人気者ですよね。

さらに、異性に楽しそうに笑顔で聞いてもらえたら、ドキドキして好きになってしまう確率があがります。

自分で思っているより笑顔って出ていないこともあるので、より笑顔を意識すると印象アップしますよ。

好きになるのは特別な理由じゃない

何か特別なことをしないと相手を好きにならない、ということはありません。

ただ、ちょっとだけ工夫して「あなたに興味があります」「あなたとは好みのツボが同じです」というのを自然な形で伝えるのが上手い女性が、男心を掴んでいるんでしょう。

会話のときに、意識してみると両思いになれる可能性がグッと上がるはずですよ。

(ライター/上岡史奈)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル