top_line

あやまんJAPANの元メンバーと無気力系アイドルが1万個ドミノ倒しに挑戦『有吉反省会』禊達成なるか?

テレビドガッチ


あやまんJAPANの元メンバー・めんそ~れ愛菜と、彼女がプロデュースするアイドルグループ・病ンドルが、3月14日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、1万個のドミノ倒しに挑戦した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、大久保佳代子、博多大吉。

この日は禊スペシャルとして、かつて番組で「プロデュースするアイドルグループのメンバーが入れ替わり過ぎていること」を反省したプロデューサーのめんそ~れ愛菜と、病ンドルの2人が登場し、有吉から言い渡された「結束力を高めるためにドミノ倒し1万個」を実行することに。

禊の舞台は、過去に病ンドルがワンマンライブを行っていた新宿のライブハウス。しかし、「達成したいと思います!」とやる気満々の愛菜に対し、病ンドルの2人は「帰りたいです」とぼやいていた。

まずは専門家の指導に従いドミノの仕掛けをプランニング。ある程度、全体図が決まったところでドミノを並べ始める3人だったが、並べては倒すを繰り返し、まったく前に進まない状況にイライラを募らせてしまう。結局1時間で並べられたのは、わずか900個。そんな状況を見かねて、あやまんJAPANのメンバーや、病ンドルとはライブで共演経験のある十四代目トイレの花子さんが参戦。助っ人として一緒にドミノを並べてくれることに。

全員が黙々と作業し、6時間で8000個を達成。さらに、番組の出演経験もあるグラドルの渋沢一葉や、番組ではお馴染みのぽっちゃりアイドル・びっくえんじぇるも加わり、全員が一丸となってラストスパート。しかし、9時間が経過したところで大事件が起きてしまう。なんと、これまで並べていたドミノ4000個が負の連鎖によって倒れてしまうというハプニングが発生する。

禊達成が絶望的かと思われたそのとき、さらなる助っ人として、病ンドルを脱退していったかつてのメンバーたちが登場。病ンドルのプロデューサーでもある愛菜は、現在所属している2人と、脱退したメンバーたちの共同作業に号泣してしまう。そして、11時間が経過したところで1万個のドミノを並べ終え、いよいよドミノ倒しがスタート。

止まることなく倒れ続けるドミノに、「すごーい!」「いけいけ!」と大はしゃぎする愛菜や病ンドルとは対照的に、その熱気を共有できないスタジオは冷ややかな空気。バカリズムが「1mmも感動できない」とツッコむと、大久保も「来る人来る人知らないから、どんどん冷めていくんですよ」と指摘していた。

結局、スタジオとの温度差は埋まることなく、大吉も「赤の他人の結婚式のビデオ見てるみたい」と例え、笑いを誘っていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル