top_line

「安心してください。顔はきれいですよ」散歩から戻った犬、顔以外は泥まみれだった件(フィンランド)

カラパイア

cover_e25
image credit:onnisamoyed/Instagram

 サモエドはロシアのシベリアを原産とする大型犬で、愛らしい顔立ちとフワフワとした真っ白な毛が特徴的だ。

 そんな雪のような白さのサモエドを飼っているフィンランドの飼い主は、ある日散歩から戻って来た愛犬が、大変貌を遂げていたことにびっくりした。

 なんと、全身真っ白なはずの犬が、顔以外泥だらけになっていたのだ。っていうかなんで顔だけきれいなの?それにはちゃんと理由があるという。

Dog Comes Home Muddy After Playdate

別の犬かと思うほど泥だらけになったサモエド氏


 フィンランドのヘルシンキに住む、生後5か月になるサモエドのオニ(Onni)は、ロッタ・アラヨキさん(25歳)の愛犬だ。

View this post on Instagram

A post shared by ONNI SAMOYED (@onnisamoyed) on


 ある日、オニはきょうだい犬エイダ(Ada)とプレイデートをし、雨が降った後の地面でひたすら遊びまわった。

 その結果、オニの姿は激しく変貌した。

View this post on Instagram

A post shared by ONNI SAMOYED (@onnisamoyed) on


 なんと、美しい白の被毛が泥にまみれたのだ。しかし、なぜか顔だけがもとのまま綺麗に真っ白だった。


なぜ顔だけきれいなの?


 ロッタさんは、散歩から戻ったオニの姿を見て、笑わずにはいられなかった。

最初、どうやったらこの汚れが落ちるのかと心配になりましたが、顔のみが真っ白というオニの姿を見ていたら笑いが止まらず、これは写真を撮らなきゃと思ったんです。

 オニの写真をSNSでシェアしたところ、ユーザーらからは「画像加工だろ」「フェイクだな」などというコメントが寄せられたそうだ。

 それについて、ロッタさんはこのように話している。

加工は一切していません。雨で外が濡れている日に散歩したり、外で遊び回ったりすると、いつもこんな風になるんです。顔の毛だけが短いので、泥が顔にだけ付着しないようです。

View this post on Instagram

A post shared by ONNI SAMOYED (@onnisamoyed) on


 サモエドは、厚い被毛が二重層になっている。よく立った上毛と柔らかく密生した下毛のダブルコートのおかげで、外側がどれだけ汚れても中は綺麗なままで保たれ、一旦乾くと汚れは意外にも落ちやすくなるという。

View this post on Instagram

A post shared by ONNI SAMOYED (@onnisamoyed) on


 たとえ全身泥だらけになっても、かわいいものはかわいい。SNSで泥だらけのオニの写真がシェアされるとたちまち拡散し、今やオニのInstagramはフォロワーが9000人以上になり、ロッタさんはとても喜んでいる。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル