top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中田圭監督が麻布にお店!? 地元住民と映画関係者が飲んで食べる「麻布369」

goo映画

執筆:平辻哲也

六本木のすぐ近く、高級住宅街と知られ、昔ながらの風情ある商店街も残る麻布十番。東京メトロ大江戸線「麻布十番」駅近くに2019年12月9日、小料理店「麻布369(あざぶみろく)」(港区麻布十番2-9-5)がオープンした。

オーナーは「劇団EXILE」の秋山真太郎が主演した『非金属の夜』(2013年)などで知られる映画監督、中田圭さん。映画監督が飲食店の経営に乗り出した理由とは……。

中田圭監督(撮影:平辻哲也)

映画人一家で英才教育! 中田圭監督のこれまで

麻布十番駅から2~3分。店はガラス張り。通りからはカウンターが見えて、まるでオシャレなバーのようだ。カウンター9席、奥には最大5席の個室もある。壁にはカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したウォン・カーウァイ監督の代表作『ブエノスアイレス』(1997)の大判ポスターが貼られていた。

広告の後にも続きます

「さっきまで(『クロウ 飛翔伝説』『アイ,ロボット』『キング・オブ・エジプト』の)アレックス・プロヤス監督のデビュー作『スピリッツ・オブ・ジ・エア』(2020年2月8日、デジタルリマスター版でリバイバル公開)を貼っていたんですが、もう少し大きいのがいいかなと思って貼り替えたところだったんですよ。プロヤス監督のサインは1988年当時、映画祭でもらいました」と中田監督。

左/アレックス・プロヤス監督のサイン入りのポスター 右/中田監督の後ろに『ブエノスアイレス』のポスターが(撮影:平辻哲也)

監督の祖父は俳優の中田弘二、伯父は俳優の中田博久。小さい頃から映画に親しみながら育ち、俳優として『BE FREE!』(1986年)のいじめっ子な生徒役で映画デビューする。1980年代後半から香港に渡り、ツイ・ハーク監督、ウォン・カーウァイ監督、チョウ・ユンファ、レスリー・チャンらと交流。記事執筆、映画出演、脚本執筆などマルチに活動しながら、2000年に『ワイルドナイト』で監督デビューした。

2020年は『合間にて… between』(森田涼花主演)、『トリカゴ Bird Cage』(水橋研二、美波、美山加恋主演)、『夜へ… for night』(加藤雅也、イ・ウヌ主演)の公開が待機している。

映画監督はなぜ飲食店の経営に乗り出したのか?

そんな映画監督がなぜ飲食店のオーナーに?

「昨年9月、映画のクランクインが諸事情で延びてしまった時に、映画出資者の方が『時間があるのだから、店でもやったらどうか』と言ってくれたのがきっかけです。いろいろなことがあれよ、あれよという間に決まり、店を出すことになりました。麻布は小・中学時代を過ごした場所で、2年前から事務所もあるんです」(中田監督)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル