top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【個性的すぎる映画館】原動力は映画愛! 日本最小のフィルム上映館「シネマノヴェチェント」

goo映画

執筆:中山治美

映画『百円の恋』(2014)やドラマ「全裸監督」(2019/Netflix)の武正晴監督によるエッセイ「映画があってよかったなあ」(玄光社刊)の表紙を飾った映画館「シネマノヴェチェント」(神奈川県横浜市西区中央2‐1‐8)。客席数28席の“日本一小さなフィルム映画館”ながら、2020年2月で開館5周年を迎えた。

特撮モノからアニメ、往年のにっかつ映画に落語寄席など、マニアックなプログラムと多彩なゲストによるトークイベントを用意し、超個性的な映画館は今日も我が道を行く――。

スターの絵看板が目印(撮影:中山治美)

代表は無類の映画好き

横浜駅から京浜急行三崎口方面の普通列車に乗ること1駅で、戸部駅に着く。そこから住宅街をテクテク歩き、藤棚一番商店街に入ってから「顔成寺 藤棚日限地蔵尊入口」の案内を左に曲がると、スティーヴ・マックィーンから志村喬まで古今東西のスターの絵看板で飾られた煉瓦色の外観が目印だ。

広告の後にも続きます

取材に行った時はちょうど外観の塗装工事中。建物がすっぽりブルーシートで覆われており、うっかり通り過ぎるところだった。「ただでさえ駅から来るのに分かりにくいと言われているのに(苦笑)。“場所が分からない”と言う問い合わせの電話がしょっちゅう来るんですよ」と同館代表の箕輪克彦さんは笑う。

シネマノヴェチェント代表の箕輪克彦さん。映写室には師匠の映写技師・鈴木文夫さんの写真が(撮影:中山治美)

「シネマノヴェチェント」は2015年2月7日にオープンした。箕輪さんは日本大学映画学科出身の無類の映画好き。映像制作に従事したこともあるが、「作る才能はない」と感じて断念。それでも映画に関わる仕事がしたくて、「KAWASAKIしんゆり映画祭」の立ち上げにスタッフとして参加した。

それをきっかけにシネマバー「ザ・グリソムギャング」を川崎市麻生区でオープン。週末にはトークイベント付きで自分の好きな映画の上映会を開催していたが、同館は建物の老朽化もあって2013年に閉館。新たな活動の拠点として開館させたのが「シネマノヴェチェント」だ。

劇場名はベルトルッチの『1900年』から

劇場名は「好きな監督だった」と箕輪さんが言うイタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチ監督『1900年』(1979)の原題から名付けた。元カラオケパブを居抜きで改装した館内には、賑やかな外観に負けじと様々なポスターが展示されている。

テーマごとに展示される映画のポスター。取材時はミュージカル映画特集(撮影:中山治美)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル