top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

池江璃花子 仲間に激励LINE…平野美宇母語る五輪出場の原動力

女性自身

池江璃花子 仲間に激励LINE…平野美宇母語る五輪出場の原動力

《少しでも多くの方の献血協力が必要です。一人一人が感染対策をし、みんなが早く元の生活に戻れるよう、そして1人でも多くの命を救えるよう、私からのお願いです》

 

競泳の池江璃花子選手(19)が、ツイッターで献血を呼びかけたのは3月5日のことだった。日本赤十字社によれば、新型コロナウイルスの感染拡大のため、献血協力者が減少しているという。

 

「池江選手は昨年2月に急性リンパ性白血病と診断されました。当初は抗がん剤治療を受けていたそうですが、合併症を併発したため、造血幹細胞移植を行いました」(スポーツ紙記者)

広告の後にも続きます

 

退院したとはいえ、いまも白血病との闘いを続けている彼女は、患者に血液製剤が供給されなくなる事態になることを見過ごすことができなかったのだろう。

 

《私も、血液内科にいたので、輸血の大切さは身に染みて感じていますが、献血の激減により、不安な日々を過ごしている方もいます》(3月5日付のツイート)

 

彼女の呼びかけは大きな反響を呼び、《血液内科で働いています! 池江さん、患者さんの気持ちを代表してくださりありがとうございます》《池江ちゃんも大変だと思うけど、ありがと》といった称賛の声も多く上がっている。青森県などでは、池江選手の呼びかけに応じて、大勢の人々が献血ルームを訪れたという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル