top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

R-1優勝の一方…今や見なくなった過去優勝者3人

JOOKEY

M-1グランプリは、コンビとして漫才の頂点を決めますが、R-1グランプリはピン芸人の頂点を決めるもので、2002年から毎年行われています。まだまだM-1グランプリのほうが主流なのか、その印象はやや弱めでもありますよね。それでも実力揃いの芸人が集まるのですから、目は離せません!しかし、優勝を手にしたにも関わらず、いまいちその栄光を忘れられている人もいるよう・・・。そこで今回は、歴代R-1グランプリチャンピオンの中で優勝した事を忘れていた(知らなかった)芸人さんをご紹介します。
 

まさかのあの人も本名ではなかった?!芸名だった驚きのジャニーズとは?

■質問内容

歴代R-1グランプリチャンピオンの中で優勝した事を忘れていた(知らなかった)芸人はどれですか。3つ以内でお選びください。
 

■調査結果

1位:だいたひかる 20.0%
2位:ほっしゃん。 18.0%
3位:やまもとまさみ 17.0%
4位:なだぎ武 15.0%
4位:三浦マイルド 15.0%
6位:浅越ゴエ 14.0%
6位:COWCOW・多田 14.0%
8位:じゅんいちダビッドソン 13.0%
9位:アキラ100% 12.0%
10位:あべこうじ 11.0%
 

●1位「だいたひかる」20.0%

だいたさんと言えば「どーでもいーですよー♪」のフレーズでお馴染みですよね。
 
2016年には、乳がんであることが発表され治療に専念していたことから、芸人としての活動は控えめだったようですね。
手術をしホッと一安心と思いきや、2019年に再発してしまい、現在は治療中のようです。
 
だいたさんは、R-1グランプリの第1回目のチャンピオンです。
2002年のことなので、これだけの年月が経てば忘れてしまうのも無理はありませんよね。
 

●2位「ほっしゃん。」18.0%

ピン芸人として、あらゆるバラエティ番組に出演してる、ほっしゃん。
うどん芸の一発ギャグや喋りを得意としているので、ピン芸人としては、安定した活躍を見せてくれています。
 
また、味のある見た目から、映画やドラマに出演することも多い方ですよね!
 
優勝に輝いたのは2005年。今から15年近くも前のことなので、これまた記憶が薄れてしまうのは仕方ありません。
 

●3位「やまもとまさみ」17.0%

やまもとまさみさんは、2014年のチャンピオン。
わりと最近のチャンピオンなので、知らなかったというのは少々悲しいですね・・・。
 
ネタこそ面白いと好評なようですが、フリートークがとても苦手なようです。
あるバラエティ番組では、グダグダっぷりを見せてしまい出演者や視聴者を失笑させてしまったようです。
 
この出来事がキッカケで、テレビ出演がほとんどなくなってしまいました。
 

■チャンピオンになったからと言って・・・

R-1グランプリで優勝することは、確かにすごいことですよね。
しかし、その後世間の記憶に残るかどうかは別のお話。
今回は、単純に年月が経っているから、忘れてしまっている人もいました。
 
が、年月がさほど経っていない人のランクインもあったことから、いかにして人々の記憶に残るか、お笑い界の厳しさや難しさを感じますね。
 
HORANE調べ
2019年3月
調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル