top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『Red』三島有紀子監督インタビュー (2) 正直なテーマは「愛とはなんだ?」

goo映画

執筆:Avanti Press

【物語の核心に触れる部分(ネタバレに相当)があるため、作品鑑賞後にお読みになることを強くお薦めします】

島本理生がセンセーショナルなテーマに挑んだ小説「Red」を、夏帆と妻夫木聡で映画化した『Red』。映画はときとして、監督が無意識に思うことを露呈させるのかもしれない。三島有紀子監督への「インタビュー、第2回では作品のテーマや「自分の暗部から目をそらせなかった」とする理由を掘り下げてうかがった。

「愛とはなんだ?」が正直なテーマ

――監督が今まで作られてきたものを観ていると、この作品は、「愛する形」を描く作品のターニングポイントなのかなと思いました。現時点で“愛”をどう捉えているのか、この作品を撮りたいと思った理由は?

三島 愛とはなんだ? 恋愛という深淵を、目を逸らさずのぞき込んでみる、というのが今回の正直なテーマでした。『幼な子われらに生まれ』を撮るとき、映画化権を持っていた荒井晴彦さんに会いに行った理由は、「『恋文』(1985年)の逆転バージョンをやりたいから」でした。「現代なら女性は出て行っても、しれっと戻ってくるのではないか、と思っている」という話をしに行ったんです。

広告の後にも続きます

三島有紀子監督(撮影:池田正之)

『幼な子われらに生まれ』を映画化したいという話も、今の日本は離婚も再婚も多く、外国の方との結婚も増えている。家族や結婚のスタイルは変わっていくべきだ、という話をさせていただいたなかから出てきたものでした。

ただそれを描くなかで、かつて夫婦だった2人(寺島しのぶさん、浅野忠信)が、“喧嘩をする。でもセックスしてしまう”のが印象に残ったんです。そういうところが男と女であり、ああいう仲直りの仕方って、恋愛関係がなければ成立しないものだと。『Red』は、そこをきっちりと見つめようと思いながら撮りました。

――今、不倫に対する社会の反応は驚くほど厳しいですよね。当事者の人生を終わらせるが如く制裁を加える。そんな状況が続く現代から観ると、いろいろな見方ができる映画じゃないかなとも思いました。

三島 難しいですよね。本来、愛するとか好きになるという感情は、決して悪いことではない。例えば、誰かを本気で愛せたり……それは恋愛じゃなくても仕事でもなんでもいいんですが、強く愛せたり好きになれること自体、奇跡的なことだと思っています。

『Red』2月21日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー (c)2020『Red』製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル