top_line

火事で火傷を負った野良の子猫、病院にお見舞いに来た見ず知らずの男性にロックオン、そのまま飼い猫に(カナダ)

カラパイア

cover_e18
image credit:dobbythefirecat/Instagram

 去年、火災現場から1匹の野良の子猫が救助された。子猫は、やけどが酷く動物病院にて治療を受けていたが、SNSでそのことを知ったある男性が子猫のお見舞いに行ったところ、子猫はその男性に運命の出会いを感じてしまったようだ。

 結局回復した子猫はその男性のもとに引き取られることとなったわけだが、猫は自ら飼い主を選ぶというあの都市伝説がさらに信ぴょう性を増した感じだ。

Dobby the kitten

野良の子猫、火事現場から奇跡的に救助される


 去年の5月、カナダのオンタリオ州サドベリーのガレージで火災が起こり、現場にいた生後5か月の茶トラの子猫が消防士によって救助された。

 子猫は、背中と頭の一部、肉球にⅢ度のやけどを負っていた。ウォールデン動物病院に搬送された子猫を獣医師チームらは24時間体制で治療とケアを行った。



 子猫は、病院スタッフによってドビーと名付けられた。母猫についての情報はなく、ひとりぼっちの小さな子猫をスタッフらは代わる代わる抱っこし、めいっぱい愛情を注いでやりながらケアした。

View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


ドビーのことを知り、お見舞いに来た男性は運命の人?


 同州マニトゥーリン島に住むロブ・マグワイアさんは、ドビーの話をSNSを通して知った。ドビーのことが心配になったロブさんは、いてもたってもいられなくなり、ドビーがいる動物病院に連絡し、お見舞いに訪れた。

View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


 まあ、なんということでしょう!

 ドビーはロブさんと初対面だというのに、運命の人!とばかりにぴったりとひっついて離れないのだ。ロブさんが帰ろうとしても、ドビーは腕や足元にしがみついて離れない。

 愛くるしくなつっこいドビーの姿に一瞬で心溶かされたロブさんは、後ろ髪を引かれる思いで訪問を終えたという。

View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


このままドビーを置いて帰るのがせつなくなるほどなついてくれて、すっかり心を奪われてしまいました。もうずっと長い間、ドビーを知っているような気持になりました。


ドビー、ついにロブさんの家族になる


 ロブさんは、その後も毎日のようにSNSでドビーの経過を見守り続けた。ドビーのことが頭から離れない。「ドビーをネットで見かけた瞬間から、家族にする運命が決まっていたのだ」と確信するようになったという。

 そして、それは現実になった。

 ドビーが回復して、飼い主を探す時期になった時、ロブさんは真っ先にに名乗りを上げた。ロブさんの希望が叶い、ドビーの飼い主に認定された。そして家に連れて帰り、3匹の猫たちに引き合わせた。

 スウィフ、オリオン、ノーライルと名付けられている3匹の猫たちは、ドビーを快く受け入れたようだ。特に、黒猫ノーライルは喜んでドビーのお守り役を引き受けているということだ。

View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


 病院での回復中、ドビーはつま先をいくつか失った。しかし、包帯が取れる頃にはすっかり元気になった。

 ロブさんの家で仲間の猫たちに馴れるまで時間はかからず、現在10か月になったドビーは幸せいっぱいに走り回ったりじゃれ合ったりしているという。

View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


View this post on Instagram

A post shared by Rob Maguire (@dobbythefirecat) on


 そんな愛猫の姿を見て、ロブさんは次ように話している。

ドビーが助かったのは奇跡としかいえません。消防士や病院スタッフが本当によくしてくれて、ドビーの命が救われたのです。

初めて会った時から私はドビーにもうメロメロで、これからもこの子が元気で幸せでいてくれるよう、飼い主としてベストを尽くしていきます。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル