top_line

オオツノヒツジ、男同士のガチ対決「角突き」の実況を路上からお送りします

カラパイア

00

 ビッグホーンとも呼ばれるオオツノヒツジはその名の通り大きくカールした角が特徴だ。この角はオス、メスともにあるのだが、特にオスの角は大きく、最大で120cmにもなる。

 繁殖期になると、オス同士でこのトレードマークともなる角をぶつけ合う「角突き」対決をすることで知られているが、今回の対戦会場は路上だったようだ。

 2頭のオオツノヒツジが威嚇しつつ頭突きしながら角をぶつけ合う迫力のある試合展開を見ていこう。

Bighorn Sheep Showdown in the Street

 アメリカ、モンタナ州ハミルトンにて、道路を通行しようとしていたドライバーによって目撃されたオオツノヒツジの「角突き」対決。

 他にオオツノヒツジの姿はなく、2頭だけで決着をつけようとしていたようだ。道路脇を歩いていた2頭はそのまま中央へと移動し、どちらからともなく二足立ちになってファイティングポーズ。

0_e6

 そのまま激しく角をぶつけ合った。

1_e7

 ぶつかった衝撃でクラクラしていたのか、ぶつかった直後は2頭ともしばらく動かない。緊張した静寂がその場に漂う。

2_e7

 その後2頭は近づいていく。仲直りでもするのかな?
 
3_e5

 と思いきや、今度はお互いが左右逆の位置からの角突きが始まった。

5_e2

 でまたしばらく静止するという。彼らなりのルールがあるのだろうか?

6_e0

 ストリートファイト映像はここで切れているが、この後彼らは2度ほど角突きを行い、その後道路下にある川に水を飲みに行ったようだ。

 オオツノヒツジのオスは繁殖期、メスをめぐって角突きを行うそうで、長いときには丸一日対戦を続けることもあるという。

 オオツノヒツジのメスや子供は群れを作って暮らしているが、オスは群れから離れ、オスの集団で暮らしているそうだ。

 で、この勝負、どっちが勝ったのだろう?

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル