top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『Red』三島有紀子監督インタビュー (1) 塔子と鞍田の道行きをロケ地で読み解く

goo映画

執筆:Avanti Press

島本理生原作の「Red」が、『幼な子われらに生まれ』(2017)の三島有紀子監督で映画化された。同書を出版社は「『ナラタージュ』の著者が官能に挑んだ最高傑作!」とあおる。際、この物語を夏帆と妻夫木聡が演じると発表されたとき、センセーショナルな話題となった。

空気を読めることが善とされ、モラルの規範が必要以上に厳しくなり、本心を見せづらくなっている現在、この作品がもたらすものはなにか? 映画の公式サイトに書かれる「あなたの“今”に問いかけてくる新しい“恋愛映画”。情熱、衝動、愛、危険、希望、あなたにとっての“Red”とは?」を、三島監督にうかがった。

『Red』2月21日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー (c)2020『Red』製作委員会

Story:よき夫、かわいい娘、大きな家。誰もが羨む人生を歩んでいる専業主婦の塔子(夏帆)は、かつてアルバイトをしていた建築事務所の元社長・鞍田(妻夫木聡)と10年ぶりに再会する。塔子は当時、既婚者だった鞍田と人には言えない関係にあった。再会した鞍田と塔子は再び禁断の愛に堕ちていく…。だが、鞍田には“秘密”があった。現在と過去を交錯させながら描かれる塔子の人生と、誰も想像しなかった“選択”とは――。

行く先の分からないロードムービー

広告の後にも続きます

――「大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった」と本作を紹介文に書かれていますが、この映画では、雪から始まるロードムービーと、建物のなかの物語が対比で描かれています。まず雪をどのように捉えていましたか?

三島 私は、雪をいろいろなものを吸い込む存在だと思っています。自分自身が雪のなかに立ったときに感じるのは、削ぎ落とされていく感覚。純化されていくといいますか。その純化された状態に2人を放り投げ入れたいという思いがありました。

(c)2020『Red』製作委員会

――雪は、車を走り進めていくうちに少なくなっていきます。新潟から東京に帰るという設定ですので当然ではありますが。

三島 果たして2人はどこに向かっているのか……。現実に向かっているのかどうかも、途中からは分からないですよね。そういう意味で胆は旅のスタートの部分です。純化された世界に立ったとき、人間はどう感じるのか、2人に率直に表現させたかった。そして現実の世界へと戻る旅路へと車をスタートさせた2人が、ともに過ごしていくなかで、なおかつ選ぶ場所はどこなのかと。

(c)2020『Red』製作委員会

鞍田が酒蔵のリノベーションを手掛けた理由は?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル