top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大竹しのぶがなんと10代のナイーブな少年に扮するミュージカル『にんじん』、今夏開幕

SPICE

フランスの片田舎を舞台に、真っ赤な髪にそばかすだらけの顔をした少年、通称“にんじん”と、その家族を描いた物語『にんじん』。フランスの作家ジュール・ルナールの小説を原作に、1979年の夏、音楽劇として世界初演された時、主演の“にんじん”を演じたのは当時22歳の大竹しのぶだった。あれから38年。今年還暦となる大竹が、再び“にんじん”を演じる。演出を手がけるのは、今年の春に上演した『フェードル』でも大竹と組んでいた栗山民也だ。共演者には中山優馬、秋元才加、中山義紘、真琴つばさ、今井清隆、宇梶剛士、キムラ緑子といった実力派、かつ個性的な顔ぶれが揃うことになった。家族の愛に飢え、逆境にめげずに成長していく少年“にんじん”を、栗山がどう描き、大竹がいかに演じるのか、興味は尽きない。38年ぶりに挑む『にんじん』への想いを、大竹に語ってもらった。


大竹しのぶ  撮影=岩間辰徳



――今回、『にんじん』に38年ぶりに挑むことになったきっかけは、アメリカの女優キャシー・リグビーさんが60歳を越えても『ピーターパン』を演じ続けているということに、大竹さんが感銘を受けたことからだと伺いました。

ある芝居の稽古場でプロデューサーさんに「これまでやってみた役の中で改めてもう一度トライしてみたい役ってある?」と聞かれたことがきっかけだったんです。「『にんじん』は一回だけしかやっていないけれど、すごく楽しかった。忘れられない役です」と答えたら、「だったらそれをやりましょう、アメリカには『ピーターパン』を60歳過ぎでやっているキャシー・リグビーという女優もいるんだからできるわよ」と言われてしまって。


大竹しのぶ  撮影=岩間辰徳



広告の後にも続きます

――“忘れられない役”とのことですが、『にんじん』のどういうところが魅力だったんですか。

孤独で、愛されていないという哀しみや、どうやって生きて行ったらいいんだろうと、もがいているところ。そして山本直純さんの美しい音楽にのせて、その想いを叫び続けるところ。そうやって、舞台上でにんじんとして生きる数時間が楽しくて楽しくて仕方がなかったんです。38年前の初演時には、客席に子供たちが大勢いて。ある時、カーテンコールで5歳くらいの子がパーッと駆け寄って来て、舞台に立っている私に向かって「にんじん!」って声をかけてくれたんですよ。あの時は本当に感動しました。本当にそこににんじんという少年がいるみたいに錯覚をして、清らかな感情で「がんばれ!」って言ってくれていた。忘れられない光景でしたね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル