top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

片寄涼太インタビュー チャレンジした俳優業に手ごたえ「自分の表現の幅を広げてくれるような仕事」

SPICE

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は一度聞いたら耳から離れない、とてもキャッチーなタイトルだ。人気同名コミックをもとに、日本テレビ系ほかにてドラマ化の後、6月30日(金)より満を持しての劇場版が公開となる。片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)演じる血のつながらない兄・橘はるかが、妹・せとか(土屋太鳳)を愛しすぎるがあまりに、妹に想いを寄せる幼馴染の研究医・芹川高嶺(千葉雄大)や、他校のモテ男・美丘千秋(超特急・草川拓弥)から妹を守るというラブストーリー。本格的なスクリーンデビューを初めて飾ることになった片寄は、役作りで10キロも体重を落とし、見た目も中身も完璧な‟ツンデレお兄”へと三次元の進化を果たした。挑戦した俳優業について、普段アーティストとして歌う自分の「表現の幅を広げてくれる」と語った、片寄の真意とは?

 

もしかしたら、はるかを通して考え方が変わったのかもしれないです


片寄涼太 撮影=岩間辰徳



――はるか役のオファーをもらったときの感想から、教えていただけますか?

お芝居の経験もほとんどない中で、このような大役をいただいて、「自分でいいのかな?務まるのかな?」というのが正直な気持ちとしてありました。原作が漫画だったので、原作を愛されている方もたくさんいらっしゃると思いますし、そういう方々や、お芝居を本業とされている俳優さんにも失礼のないように、頑張らないといけないなと引き締まる気持ちでした。

――役づくりのために8キロもの減量をされたと聞いています。

3カ月半くらいかけて、食事と運動で落としました。身体を絞ったのは、結構大きなことでしたね。たぶん、一番落ちていたときは10キロぐらい落ちていました。はるかが裸でリフティングしているシーンが、あるじゃないですか? あそこをピークに持っていきたかったんです。

広告の後にも続きます

――内面で言うと、はるかと片寄さんで共通点はありますか?

うーん。あのー……僕ははるかのように、あまり人を殴ったりとかはしないです。

――(笑)

はるかは、妹に対して不器用な表現をするじゃないですか。あまりストレートに言わないけど、態度では見えている、顔に出ている、みたいな。そこに関しては、自分もそういうところがあるなあって思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル