top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

クモ膜下出血を発症していた驚きの芸能人とは!?

JOOKEY

腹話術師であるいっこく堂さんがクモ膜下出血を発症したのは、2016年3月。深夜に自宅で倒れて顔面を強打し、軽度の外傷性くも膜下出血と両側前頭葉脳挫傷を起こして入院しています。倒れた際には左目横と頬骨も骨折した大怪我も負っていたとのこと。一時は噛む時に力が入らないなどの後遺症もあったものの今では完治しているそうです。

 

●氣志團・星グランマニエ

氣志團のギタリストとして知られる星グランマニエさんは、2004年11月にクモ膜下出血を発症しています。原因は酔っ払った勢いで建物の2階から落下した際に後頭部を強く打った事で、外傷によるものだったのだとか。命を落としてもおかしくない状況でしたが、幸いにも1カ月ほどで回復したそうです。

 

■クモ膜下出血は深刻な脳疾患

クモ膜下出血は深刻な脳疾患であり、実際に亡くなったり現在もリハビリ中の芸能人も少なくありません。完治させ現在活動を再開している芸能人たちも、もしかしたら命を落としていたかもしれないと思うと恐ろしいですよね。

広告の後にも続きます

 

HORANE調べ 2020年2月 調査対象:10~40代の男女

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル