top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

2位HG!実は高学歴で驚くお笑い芸人って!?

JOOKEY

お笑い芸人になる経緯は人ぞれぞれ。小さなころから芸人を目指す人もいれば、大学卒業後に目指す人も。今回はお笑い芸人たちの学歴に注目。実は高学歴芸人と知って驚く人をランキングでご紹介します。

山Pも!引退・脱退が意外過ぎたジャニーズ1位は納得の…

■質問内容

実は高学歴と知って驚くお笑い芸人はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:ひょっこりはん/早稲田大学 26.0%

2位:箕輪はるか(ハリセンボン)/早稲田大学 17.0%

2位:レイザーラモンHG/同志社大学 17.0%

4位:サンシャイン池崎/大分大学 14.0%

5位:タモリ/早稲田大学 12.0%

5位:粗品(霜降り明星)/同志社大学 12.0%

7位:アンゴラ村長(にゃんこスター)/早稲田大学 11.0%

7位:にしおかすみこ/同志社大学 11.0%

9位:ビートたけし/明治大学 10.0%

10位:ふかわりょう/慶応義塾大学 9.0%


 

●1位:ひょっこりはん/早稲田大学

他と大差で1位に選ばれたのはひょっこり顔を出す芸で人気になったひょっこりはんさんです。早稲田大学在学中はお笑いサークルに所属していましたが、当時芸人になるつもりはなくテレビ局員を志望し就活。しかし思うように就職先が見つからなかったため、「絶好のチャンス!!」ととらえ芸の道を選んだとインタビューで答えています。周りから「顔が変だ」という指摘をうけ、その顔を活かし自分の芸風を確立してきたひょっこりはんさん。機転のよさは自頭の良さからくるものかもしれませんね。

 

 

●2位:箕輪はるか(ハリセンボン)/早稲田大学

2位にはハリセンボンの箕輪はるかさんが選ばれました。ひょっこりはんさんと同じ早稲田大学出身で、当時はアルバイト浸けの日々を送っていたそう。学費は奨学金とアルバイト代で賄ったというから驚きですよね。早稲田大学の取材を受けたはるかさんは、在学中はほとんど友だちを作らず、キャンパスライフの記憶がほとんどないとコメント。とにかく孤独だったと振り返りました。暗すぎる性格をなおすために芸人を志したと言うはるかさん。死神キャラが定着し安定の人気を誇っている様子をみると、芸人は天職だったと言えそうですね。

 
 

●同率2位:レイザーラモンHG/同志社大学 

箕輪はるかさんと同率2位に選ばれたのはレイザーラモンHGさんです。ハードゲイキャラで一躍人気者になり、一時はプロレスラーも兼任するなど幅広く活躍していましたよね。プロレスは大学時代から始めていたようで、同志社大学在学中はプロレス同好会に在籍。相方のレイザーラモンRGさんとはこの同好会で知り合いコンビ結成にいたったそうです。卒業後は一旦就職するも芸人の道をあきらめきれず、4カ月で退職。吉本新喜劇に入団してから4年後には全国でブレイクし人気者になりました。品がよいとは言い難い芸風をしながらも高学歴。このギャップに驚いた人も多いようです。

 

 

 

 

 

HORANE調べ
2020年2月
調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル