top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市村正親主演、蜷川幸雄一周忌追悼公演『NINAGAWA・マクベス』が喝采の中で香港千穐楽

SPICE


演出家の蜷川幸雄が80歳で他界してから1年。彼の一周忌追悼公演として、6月23日より香港で『NINAGAWA・マクベス』が上演され、6月25日に香港公演千穐楽を迎えた。

『NINAGAWA・マクベス』は、1985年にイギリスのエジンバラで上演されて以降、世界で NINAGAWA の名声を不動にした代表作。蜷川他界後も各地から公演を熱望され“追悼公演”という形で、まず英国公演が決定。 更に2014年秋、蜷川が香港で倒れた際、現地の関係者のサポートを受けたことがあり、「その恩返しをしたい」と蜷川が考えていたことから香港公演が実現されることとなった。

香港での千穐楽を迎えた市村正親・田中裕子からコメントが届いたので、写真と共に紹介する。


市村正親

いま、無事に香港公演を終えてホッとしています。蜷川さんがいなかったら『 NINAGAWA・ マクベス』は生まれていません。蜷川さが魂込め創ったこの作品に出演できたこと誇りに思います。また、僕にとっては初の香港公演です。無事に終えることができて充実感でいっぱいです。蜷川さんの魂が僕の身体に乗り移って、自分も信じられなれないくらいの舞台を経験することができました。香港初日を終えたあと、切に感じたことは、NINAGAWA・ マクベスは、舞台上で『演ずる』というよりは、『生きる』ということでした。天国にいる蜷川さん、ありがとう。


広告の後にも続きます

市村正親、劇場内で (撮影:Piet Defossez )




マクベス:市村正親 (撮影:Piet Defossez )



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル