top_line

深海で地震発生。その時、熱水噴出孔に生息する深海エビたちはどんな反応を示すのか?

カラパイア

sea1_e
image credit: youtube

 ロボットによる深海探査は、どんどん進化している。未だに秘められた未開の領域が、新たなテクノロジーにより少しずつ解明されつつあることは、これまでの研究発表でも明らかだ。

 そして再び、新たな研究がロボットにより行われた。2020年初め、マサチューセッツ州ウッズホール海洋研究所は、海洋探検ロボットをカリブ海のケイマン海峡に派遣し、深海の熱水噴出孔を探査した。

ROV Jason captures underwater video during earthquake

海洋探検ロボット「ジェイソン」が深海を探査


 2020年1月と2月にわたって、マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所は、カリブ海のケイマン海峡に海洋探検ロボット「ジェイソン」を派遣した。

Jason_e
image credit: youtube

 遠隔操作を使用して、ケイマン海峡の熱水噴出孔を探査した科学者らは、通気孔とその周辺にいる生物を間近で見ることに成功。

 通気孔は、海底を構成する構造プレートが異なる速度で動くことで発生するとされている。注ぎ出される水は、熱いだけでなくミネラルも豊富だ。

 太陽光が決して透過しない完全な暗闇と極端な暑さにもかかわらず、アクティブな通気孔の周りには生命が溢れており、まだまだ多くの謎を含んでいる。


マグニチュード4.7の地震発生


 ケイマン海峡の通気孔は、ちょうど大洋中央海嶺として知られる海底の地震が活発に起こる部分に位置している。

sea2_e
image credit: youtube

 ジェイソンのカメラ映像には、通気孔に大量に群がる深海エビが映っている。

shrimp1_e
image credit: youtube

 このエビは、ゴエモンコシオリエビと呼ばれ、通気孔から流れ出す硫化水素を利用して有機物を作る微生物を食べて生きている。

 それらの様子をジェイソンが映し出していたその時、マグニチュード4.7の地震がジェイソンから160kmほど離れた地点で起こった。

 すると、通気孔に群がっていた大量の深海エビは即座に震動に反応した。

sea1_e
image credit: youtube

 この映像から、科学者らは熱水噴出孔とその周辺の生命に、地震活動がどのように影響するのかを今後研究することが可能になった。

 近年、一部の研究では深海熱水噴出域で発電現象が起こっていることが明らかになっており、今回の発見と今後の更なる研究を含め、未知の海洋生物が繁栄する熱くて暗い深海の世界の謎が明かされる日が、また少しだけ近くなったようだ。

References:mashable.comなど / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル