top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

名脇役・佐藤蛾次郎さんのパブ「Pabu 蛾次ママ」 名物は渥美清さんも愛したカレー

goo映画

執筆:平辻哲也

国民的人気シリーズ『男はつらいよ』の源公こと源吉役でおなじみの名脇役、佐藤蛾次郎さんが経営しているのが「Pabu 蛾次ママ」だ。高級クラブが建ち並ぶ銀座で、気楽に飲んで歌えるパブだが、名物は『男はつらいよ』のキャスト、スタッフが愛してやまない「寅さんカレー」(税抜1000円)。その味の秘密とは……?

『男はつらいよ』シリーズの源公こと源吉役でおなじみの名脇役、佐藤蛾次郎さん(撮影:平辻哲也)

長寿店の秘密は「儲けようとまでは思っていないから」?

日本一のサラリーマン街、新橋駅から徒歩5~6分の銀座8丁目。高級クラブなどが入居するビルの9階が「Pabu 蛾次ママ」だ。お酒大好きの蛾次郎さんは、1997年10月に同店をオープンした。

「飲むのが好きだったんでね。最初は新橋に小さなスナックを持って、次は銀座の丸源ビルの地下3階、この店は3軒目なんだ」

広告の後にも続きます

「蛾次ママ」の店名でも分かる通り、以前は蛾次郎さんの妻で元女優の和子さんがママを務めていた。2016年7月30日に和子さんが多発性骨髄腫のため68歳で亡くなってからは、蛾次郎さんと長男で俳優の佐藤亮太さんが切り盛りしている。

和子さんの写真を囲む長男の佐藤亮太さん(左)と蛾次郎さん(撮影:平辻哲也)

店は約30席。壁には『男はつらいよ』シリーズのポスター、友人でもある千葉真一さんが出演したクエンティン・タランティーノ監督のアクション『キル・ビル』(2003)のサイン入りポスターなどが飾られている。

店内にはポスターや思い出の詰まった写真などが多く飾られている(撮影:平辻哲也)

料金はウイスキー・焼酎 水割り(飲み放題)、ポップコーン(食べ放題)、カラオケ(歌い放題)で1時間3500円。以後は30分ごとに500円加算され、おつまみは各500円。以上の合計金額に10%のサービス料+消費税という明瞭会計だ。

「ほかに比べて、うちは安いですよ。損は困るけれど、儲けようとまでは思っていないからね。それでも、20数年やって来られた」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル