top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

パンダに天敵なし!? アンタ柴田と学ぶかわいすぎる秘密5

女性自身

「ミルクを飲んだ、鳴き声を上げたと、日本中でニュースになる。パンダの赤ちゃんが生まれると“ロイヤルベビー”のような扱いになるほど、人気者なんだよなぁ」

そう語るのはアンタッチャブルの柴田英嗣(41)。動物に関する本を出版したり、テレビでは“動物芸人”として出演する無類の動物好きだ。12日、上野動物園でジャイアントパンダのシンシン(12)が出産。5年ぶりの“慶事”に、日本中がわいている。でも、パンダってなんでそんなに人気なんだろう?理由を探ってみると、あまりにかわいすぎる生態が明らかになった!

【1】発情期は3日だけ!困難すぎる繁殖

生態科学研究機構の理事長で、上野動物園に勤務経験もある新宅広二さんはこう語る。

広告の後にも続きます

「1週間に1回発情期が来るネズミと真逆で、パンダのメスの発情期は1年のうち春の3日間。そのわずかな期間にオスの気持ちが盛り上がらなければ交尾はできませんから、繁殖がとても難しいのです」

パンダの繁殖はタイミングが命。今回生まれた赤ちゃんも、いかに貴重な存在なのかがわかるだろう。だが−−。

「同じくパンダ園として有名な和歌山県の『アドベンチャーワールド』では、驚異的な繁殖能力を持つ『永明(エイメイ)』というオスパンダのおかげで、奇跡的にも15年間で15頭の赤ちゃんが生まれているんです」

【2】半日食事、半日睡眠。とにかく食っちゃ寝

「パンダはとにかく竹を食っているか寝ているだけ。でも残念すぎるのが、パンダは竹の栄養のうち20%しか吸収できない。竹はもともと栄養が少ないにもかかわらずです。だから、ムダなカロリーを消費しないように、あとは寝ているだけ。メタボ体質ですよ、ホントは!」(柴田)

【3】パンダの初来日は、およそ1,300年前!?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル