top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

2020年はうるう年!4年に一度の『ニンニクの日』にオススメの記事3選

教えて!gooウォッチ

今年、2020年は4年に一度の“うるう年”である。と、いうことは……そう、4年に一度の貴重な「ニンニクの日」でもある。

うるう年にしか来ない「2月29日」は、語呂合わせでニンニクの日とされている。普段、匂いなどを気にしてニンニクを控えがちな人もこの日ばかりは気が済むまでニンニクを食べられそうな、そんな日だ。

「教えて!gooウォッチ」でニンニクに関する情報を探してみたところ、以下の3つが見つかった。4年に一度のニンニクの日にぜひ紹介しておきたい。

■ニンニクを使ったメイン料理のレシピとは

まずはニンニクをおいしく食べるためにどんな料理法があるか、おすすめのレシピを知っておこう。

料理研究家の小山有希さんによると、オーソドックスな「ニンニクの素揚げ」の他にも「ガーリックスープ」、「ガーリックシュリンプ」といった料理がおすすめだという(教えて!gooウォッチ「ニンニクがメイン料理になるレシピ」より)。

「『ガーリックスープ』は、おろしニンニク、玉ねぎのみじん切りをバターで炒め、牛乳を加えてコンソメと塩こしょうで味付けをします。『バーニャカウダー』も簡単ですよ。オリーブオイルとみじん切りニンニクを炒め、アンチョビペーストを加え炒めながらしっかりと混ぜ、牛乳を加えます。お好みのゆで野菜を添えましょう」(小山さん)

「『ガーリックシュリンプ』もオススメです。ニンニクのみじん切りをバターで炒め、香りがたってきたら玉ねぎのみじん切りを加えてさらに炒め、下処理をした海老を加え炒めます。塩こしょうで味を調え、お好みで上からパセリをふりましょう」(小山さん)

どれも聞いているだけでおいしそうなレシピである。ちなみに調理の際、辛味や苦味の原因になるニンニクの芽をとっておくといいそうだ。

■ご飯が進むニンニクの練り味噌

上記のレシピの他にもニンニクをおいしく食べる方法がある。

以下のURLで動画とともに紹介されているのが「ニンニクの練り味噌」だ(教えて!gooウォッチ「ご飯がすすむ!ニンニクの練り味噌の作り方」より)。

実際の作り方は動画をご覧いただきたいが、大まかな流れとしては、すりおろすかみじん切りにしたニンニクとたまねぎを油でよく炒め、そこに赤みそ、酒、砂糖を加えてゆっくり練り合わせながら加熱していくというもの。

調味料がわりにも使えるほか、ご飯のお供にぴったりの味わいになるそうなので、ぜひ試してみて欲しい。

■ニンニクがお腹をゆるくしてしまう理由

とってもおいしいニンニクだが、食べるとお腹がゆるくなったり、胃が痛くなってしまうという人も多いのではないだろうか。

ニンニクを食べるとなぜ胃腸に負荷がかかるのだろうか。管理栄養士である瀧本靖子さんによれば、その原因となるのがアリシンという物質だという(教えて!gooウォッチ「生のニンニクを食べるとお腹にくる理由」より)。

「アリシンは硫黄化合物の一種で、ニンニクをすりおろしたり切ったりすると、ニンニクに含まれているアリインという物質にアリナーゼという酵素が反応して生成されます」(瀧本さん)

「このアリシンには、ビタミンB1の吸収を高めて疲労回復に役立ったり、コレステロールを低下させたり、血栓の予防に役立ったり、強い抗菌・抗カビ・殺菌作用により風邪予防に役立つ働きがあります」(瀧本さん)

ここまで聞くと良いことづくめのようだが……。

「ところが、ニンニクの食べ過ぎや、また人によっては少量でも、この強い殺菌作用により胃の粘膜が刺激されて胃痛が起きたり、ビフィズス菌などの腸内の必要な細菌まで殺してしまうことで消化・吸収が乱れ、腹痛や下痢といった症状が起きることがあります」(瀧本さん)

なるほど、殺菌作用が強すぎるために体に負荷がかかることもあるようだ。ただ、どれぐらいの量でどれほど負荷があるかには個人差があるそうなので、気になる方はとりあえずニンニクを生で食べるのを避けるのがおすすめとのこと。あとは自分の体調に気をつけながら少量ずつ試すといいだろう。

上記のことを踏まえ、今日2月29日には悔いのない「ニンニクの日」を過ごそう!

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル