top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

この中村倫也は何曜日…? 1人7役に挑む主演映画『水曜日が消えた』より物語の鍵を握る場面写真解禁

music.jp

この中村倫也は何曜日…? 1人7役に挑む主演映画『水曜日が消えた』より物語の鍵を握る場面写真解禁(C)music.jp 中村倫也が主演を務め、1人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』[2020年5月15日(金)公開]より、物語の鍵を握る場面写真が解禁された。

今作は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”を主人公とする物語。他の“曜日”とは直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っているという設定で、そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通した世界を描いていく。

メガホンをとったのは、次代を担う映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平。自身発案の完全オリジナル脚本となる今作が長編映画デビューとなり、自ら監督・脚本・VFXを担当している。

このたび解禁された場面写真は、“火曜日の僕”(中村倫也)と、彼を取り巻く登場人物たちの一コマを切り取ったもの。“7人の僕”を知る元同級生・一ノ瀬(石橋菜津美)と体育座りで佇んだり、物語の鍵を握る図書館司書・瑞野(深川麻衣)と図書館のカウンターで何かを見つめたり、“月曜日”の友人・高橋(休日課長[ゲスの極み乙女。])と一緒にコントラバスを弾いたり…といった姿からは、“僕”の日常を垣間見ることができる。

一方で、“7人の僕”を少年時代から見守る医師・安藤(きたろう)と、新任医師・新木(中島歩)の前で、線に沿って真っ直ぐに歩こうとする姿は、“僕”に何かが起こっていることを明示しているよう。また、携帯を見つめて驚いたり、紙が舞い散る中で唖然としている姿は、“火曜日の僕”が何かに巻き込まれていく展開を予感させる。今回解禁された“僕”は、本当に“火曜日の僕”なのだろうか…?

なお、中村倫也の手書きタイトルの入ったビジュアルムビチケの発売が、3月14日(土)より公式HP限定で実施されることも明らかに。こちらは、“7人の僕”のイラストが施されたオリジナルチケットホルダーが特典になっているので、気になる人はチェックをお忘れなく。

映画『水曜日が消えた』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■映画『水曜日が消えた』予告編

■映画『水曜日が消えた』

5月15日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

出演:中村倫也/石橋菜津美 中島歩 休日課長/深川麻衣 きたろう
監督・脚本・VFX:吉野耕平
音楽:林祐介
日本テレビ・日活共同作品
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活
公式HP⇒wednesday-movie.jp

(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル