top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

依頼したら最後!?悪徳不動産会社の恐ろしさとは【見分け方編】

教えて!gooウォッチ

前回、「教えて!goo ウォッチ」では「依頼したら最後!?悪徳不動産会社の恐ろしさとは【手口編】」ということで、「囲い込み」や「売り止め」、「干す」、「値こなし」といった悪徳不動産の代表的な手口についてご紹介した。しかし、契約前にこうした悪徳不動産会社を見分ける方法があれば知っておきたい。そこで今回も不動産売却に関する疑問や悩みを解決するサイト「リナビ(Renavi)」の監修者である逆瀬川勇造さんに再度質問をぶつけてみることにした。

■事務所をチェックしよう

悪徳不動産を見極めるため最初にするべきことは、意外に簡単なことだという。

「まず査定依頼をするために不動産会社の事務所を訪れた際、事務所の中がきちんと整理整頓されているか、スタッフはいきいきしているか、受付の人は丁寧に対応してくれたかなどを確認しましょう。きちんとした不動産会社であれば、書類が散らかっていたり、清潔感がない状態で、お客様を出迎えたりはしないものです」(逆瀬川さん)

まずは、「普通のことが普通にできているか」確認する必要があるということだ。

不動産会社に依頼する前にできることもあると、逆瀬川さんは言う。

「次に、ネットなどを活用して、その会社の情報をチェックするようにしましょう。具体的には、営業年数や過去に利用した人の口コミ、評判について確認します。営業年数が長いということは、多くの人に支持されてきた可能性が高く、よい不動産会社と判断するための基準になります」(逆瀬川さん)

大事な資産の取り扱いをお願いするのだから、この程度の調査は行っておきたい。

■査定時の対応をチェックしよう

ここまでのチェックを見事クリアし実際に査定依頼を出した後でも、油断は禁物だそうだ。

「査定依頼は、その不動産会社や担当者の対応を見る絶好の機会です。査定依頼後は担当者が物件を訪れ、査定価格が出た後にその査定額の提示を受けることになります。このとき、売主に対する気遣いや電話に対する対応の早さ、会社に電話して取り次いでもらったときの対応の丁寧さなどを見ます。気持ちよく感じられる会社であれば、よい会社である可能性が高いでしょう」(逆瀬川さん)

やはり、よい会社はそれなりの対応をするということだろう。ブラックな会社では、こうはいかない。

■複数の不動産会社に査定依頼しよう

最後に逆瀬川さんから、悪徳不動産会社に出くわさないためのコツを教えてもらった。

「ここまで悪質な不動産会社を見分ける方法をお伝えしましたが、これらの方法を複数の不動産会社に行うことで良し悪しを見分けるための目を養うことができます。そのため、査定依頼は複数の不動産会社に行うことをおすすめします。また、『一括査定サイト』を利用すれば、ふるいをかけられた提携業者だけを紹介してもらうことが可能なため、2重の意味で安心です」(逆瀬川さん)

不動産売却は、どの不動産会社に売却を依頼するかで結果が大きく変わるものだ。不動産に関する知識が疎い場合には、確かな知識を持つプロに任せられる一括査定サイトの利用も考慮したい。

前回の記事で紹介したような悪質な行為を行う不動産会社はまれ稀だそう。だが、万一遭遇してしまったときの被害は甚大だ。そうならないためにも、今回紹介してもらった悪徳不動産会社を見分ける方法を参考に、査定依頼や媒介契約の際には、できる限り慎重に進めるべきだろう。

●専門家プロフィール:逆瀬川 勇造(さかせがわ ゆうぞう)
不動産売却に関する疑問や悩みを解決するサイト「リナビ(Renavi)」の監修者。明治学院大学 経済学部 国際経営学科にてマーケティングを専攻。大学卒業後は地元の地方銀行に入行し、窓口業務・渉外業務の経験を経て、2011年9月より不動産会社に入社。住宅新築や土地仕入れ、造成、不動産売買に携わる。2018年より、不動産を中心としたフリーライターとして活動を開始。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル