top_line

欅坂46 初のドキュメンタリー映画にファン戦々恐々のワケ

女性自身

欅坂46 初のドキュメンタリー映画にファン戦々恐々のワケ

2月27日、アイドルグループ・欅坂46の初のドキュメンタリー映画が4月3日に全国で公開されると分かった。

 

映画のタイトルは『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』。メガホンをとるのは、AKB48のドキュメンタリー映画なども手掛けた高橋栄樹監督(55)だ。待望のドキュメンタリー映画に喜びの声が上がるいっぽう、戦々恐々としているファンもいるようだ。

 

ドキュメンタリーの予告映像ではメンバーやスタッフが、1月に脱退した絶対的センター・平手友梨奈(18)についてこう語っている。

 

「絶対めっちゃ嫌いだったと思います私のこと」(キャプテンの菅井友香・24)
「わからなくなっちゃったのは不協和音あたり」(副キャプテンの守屋茜・22)
「欅坂って平手がいないと成り立たないよな」(スタッフ)

 

間に挟まれるのは、ぐったりした平手の姿。不穏なシーンの連続に、Twitterでは「観るのが怖い」との声が上がっている。

 

さらにファンの不安を煽る要素がもう一つある。高橋監督はAKB48のドキュメンタリー映画第2弾『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女達は傷つきながら、夢を見る』で高い評価を受けた監督。だが実はこの映画、「まるで戦争映画」と言われるほどアイドルの過酷さ・残酷さに焦点を当てたものなのだ。

 

過去作品を知るファンからは《まさかの高橋監督と来たものか…AKBのあの戦争映画みたいなドキュメンタリーになってしまうのだろうか…》《高橋監督のAKBドキュメンタリーを観て、AKB=あっちゃん=過呼吸のイメージがついてしまったのを思い出したので…てち推しさんは…この映画観るの勇気いるよね》と、不安の声が上がった。

 

全シングル表題曲のセンターを務めてきた平手は「脱退の理由は語りたくない」と、欅坂46を去った。今回の映画で、ついにその理由が明かされるのだろうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル