top_line

沖学園に現れた豪腕右腕 水﨑康平が目指すのは「キレのある150キロ」

高校野球ドットコム


水﨑康平(沖学園)

「右のオーバーハンドですね。パワーピッチャーです」と、沖学園の鬼塚 佳幸監督が語るのが、1年生投手の水﨑 康平である。1年生ながらスタミナ抜群の投手で鬼塚監督からの信頼も厚い。最速138キロのキレのあるストレートを武器に投球を組み立てる水﨑だが、その魅力はなんと言ってもキレのある直球だろう。

「キャッチボールからボールの縫い目にしっかり(指を)かけることを意識しています。回転数を上げるようにしています」と水﨑自身が話すように、普段のキャッチボールから回転数を意識するなどして、その直球は磨き続けられてきた。

 この直球に関して、鬼塚監督は「一冬越えれば、140キロ超えると思うんで、本人は150キロ出したいと言ってるので、150キロ出すために今トレーニングを一生懸命やっています」と伸びしろを感じている。

 では、水﨑は、150キロへ向けどのような取り組みをしているのだろうか。




球速UPへむけ股関節の柔軟性を上げる!

水﨑康平(沖学園)

 『目標150キロ』に向け現在、水﨑が意識しているのは、股関節の柔軟性だ。

「股割りで押したり、開脚して後ろから押してもらったりしています」と水﨑も目的を明確にして練習に取り組んでいる。「(そのおかげで)球速が上がった気がします」と球速UPの手応えを感じている。

 水﨑の憧れのストレートは、藤川球児が投げる浮き上がるような直球だ。

「藤川球児さんの真っ直ぐが、回転数の多いホップするような真っ直ぐを参考にしています」

 股関節の柔軟性を上げ、目標の150キロが見えてくれば、藤川球児のストレートの質にも近づいてくるだろう。数値目標をもった水﨑は、このオフシーズンを成長冬のにすべく厳しい練習に明け暮れている。


数値ではわからない水﨑の魅力・真剣に練習に取り組める強さ!

水﨑康平(沖学園)

 さらに鬼塚監督は、水﨑について、

「(水﨑 康平は)練習をめちゃくします。試合で登板して帰ってきてもシャドーピッチングをして、自分のピッチングを良くするためにトレーニングも一生懸命します。シャドーピッチングも120、130球投げた後にやっていますし、本当にストイックですね」と評価する。

 そんな水﨑のストイックさに注目する一方、練習の虫の水﨑に対し、鬼塚監督はオーバーワークにならないように止めることの重要さも話している。1年生の水﨑が過度の練習で無理をしないように俯瞰して状況を見て、練習を止めるときは止めるようにしているという。この配慮にも、鬼塚監督が水﨑の可能性を評価して伸ばしていこうという気概を感じる。

 そんな水﨑について、鬼塚監督は「人間性もいいですよ。責任感も強いです」とその内面の強さも評価している。ポジティブな考えと、練習に対する真摯な態度はチームにも良い影響を与えている。

 水﨑の目標は、まずはチームのエースの座につくことだ。

「先輩たちが結構練習しているので、自分もその中でエースを取れるように意識してやっています」としっかりした口調で話してくれた。

 チームのエースへ!その先には「150キロに到達し、キレのある真っ直ぐで三振の取れる投手になる」という目標がある。もちろん、水﨑はその目標に臆することなく挑戦していくだろう。そして最終目標でもあるプロ野球選手になるまで水﨑は歩みを止める気はないはずだ。まだ1年生である。3年までの軌跡を追いかけていきたい。

(記事=田中 実)

関連記事
◆【動画】2018年甲子園出場!沖学園の練習に密着 注目の1年生右腕、大型左腕も紹介!
◆福岡の実力公立校・香椎が取り入れた「課題練習」】
◆ホークス・田浦文丸など輩出の糸島ボーイズ(福岡) 躍進の秘訣は中学野球屈指の環境と高い実践力



TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル