top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

西野七瀬、清原翔ら追加キャスト発表!石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

テレビドガッチ


石原さとみが主演を務める4月スタートの木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の追加キャストとして、西野七瀬、清原翔、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂ら5人の出演が決定した。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

病院薬剤部が物語の舞台となることから、薬剤部メンバーによるチームワークは本作の見どころのひとつ。そんな薬剤部メンバーとして、このたび西野、桜井、井之脇、金澤、さらに、ひょんなことからみどりと出会う青年、小野塚綾(おのづか・りょう)役には2クール連続で木曜劇場出演を果たす清原が決定した。

昨年大きな話題を呼んだミステリードラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)以来のドラマ出演&フジテレビ連続ドラマ初出演となる西野は、みどりと同じ薬剤部で働く新人の病院薬剤師・相原くるみ(あいはら・くるみ)を演じる。くるみは、「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、みどりが患者一人ひとりと真摯に向き合い、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿を近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく役柄だ。桜井は、調剤のプロ中のプロ、刈谷奈緒子(かりや・なおこ)を演じる。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイルで、作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進める役どころ。井之脇は、キャリア3年目の若手病院薬剤師・羽倉龍之介(はくら・りゅうのすけ)という、ムードメーカーでいじられキャラを演じる。また、うわさ話が大好きなキャリア4年目のドラマオリジナルのキャラクター・工藤虹子(くどう・にじこ)を演じる金澤は、西野と同じ薬剤部のチームメートとして結束力を見せつける。

西野、清原のコメントを以下に紹介する。

<西野七瀬 コメント>
――台本を読んだ感想はいかがでしたか?

薬剤師の方には日頃の生活でお世話になっていますが、お仕事の中身についてはあまり知りませんでした。台本を読むことで、薬剤師の仕事内容を初めて知ることも多くて、ストーリーも面白いので、演じていくのがとても楽しみになりました。

――どのような役柄ですか?

くるみは薬剤師の仕事が自分に向いてなかったら“辞めます”と平気で言える女性です。そういうことをはっきり言える人ってあまりいないですよね。監督と話しながら、くるみという女性のイメージを固めています。また、新人らしく全てのことに新鮮にリアクションするよう意識したいなと思っています。

――視視聴者へのメッセージをお願いします。

私と同じように、薬剤師のお仕事をあまりご存知ない方もいらっしゃると思います。私が演じるくるみは、新人として薬剤師の仕事を覚えていくので、そんなくるみと同じ目線で、薬剤師のお仕事を知っていただきながら、ドラマを楽しんでいただけたらうれしいです。

<清原翔 コメント>
――台本を読んだ感想はいかがでしたか?

薬剤部の様子はこれまであまり目にしたことがなかったのですが、専門的な用語が飛び交い、てきぱきと仕事をしている場面が多いので、“どんな映像になるんだろう”と想像が膨らむばかりでした。

――どのような役柄ですか?

小野塚は一体どんな人物なのか、最初は謎めいた男として描かれますが、次第に屈折した思いと苦悩を抱えていることがわかってきます。最終的にはそんな小野塚に共感していただけるようなキャラクターになるのではないかと思っています。演じる上で“共感”を一つのテーマとして演じていきたいです。

――石原さとみさんとの共演についてはいかがですか?

今回、初めてご一緒させていただけてとてもうれしいです。これまで一視聴者としてテレビで拝見していた方なので、緊張するかもしれないです……。二人だけのシーンもありますし、“がんばらないと!”って思っています。

――2クール連続の木曜劇場出演についてはどう思われますか?

とても光栄です。木曜劇場というドラマ枠自体も盛り上げていければと思います。『アライブ がん専門医のカルテ』と『アンサング・シンデレラ』はどちらも医療ドラマですが、舞台も内容も全く異なるので、新鮮な気持ちで楽しんで撮影に臨みたいと思っています。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

このドラマではさまざまな人間模様が描かれていきます。原作の良さを残しつつドラマならではの魅力を付け足していけたらと思っていますので、原作ファンの方も、原作を知らない方にもぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル