top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

実写映画『東京喰種 トーキョーグール』真戸呉緒(大泉洋)の新ビジュアルを解禁 狂気を秘めた表情と“クインケ”のディティールに注目

SPICE

7月29日公開の映画『東京喰種 トーキョーグール』から、大泉洋演じる真戸呉緒の新ビジュアルが解禁された。

石田スイ原作『東京喰種 トーキョーグール』は、現代の東京を舞台に人肉を喰らうことで生きる人の姿をした“喰種”(グール)の物語を描いたコミック。週刊ヤングジャンプ(集英社)で2011年から連載が始まり、2014年からは『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)として連載中。コミックスは累計1,800万部を超え、2014年にはアニメ化、2015年からは舞台・ゲーム化されるなど、様々なメディアで人気を博す作品となった。『東京喰種』はその初の実写映画化作で、主人公の金木研(カネキ)を窪田正孝が、ヒロインの霧嶋董香(トーカ)を清水富美加が演じている。


真戸呉緒(大泉洋) (C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社




大泉洋は、同作で喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(喰種対策局)の上等捜査官・真戸呉緒役で出演。キャスト発表時に、大泉は「真戸呉緒を演じさせて頂けることは、役者として大きな挑戦であり、非常にやりがいを感じています」とコメントを寄せ、気合い十分で撮影に挑んた。公開されたのは、その真戸と「クインケ」と呼ばれる武器をフィーチャーしたものだ。クインケは、CCGは喰種に対抗するため、捕獲した喰種から摘出した赫包(かくほう)を加工し、独自に開発した武器。喰種の捕食器官である赫子(カグネ)は、赫子または赫子を材料にしたこのクインケからのみダメージを負う。

広告の後にも続きます


真戸は、そんなクインケに異常なまでの執着を持つ「クインケマニア」で、同僚たちからは変人扱いされている人物。鋭い勘と冷酷な手段も厭わない姿勢で様々な“喰種”を仕留めてきた実績がある、ベテラン喰種捜査官という役どころだ。先日解禁された特別予告では、遠目からクインケの姿がチラリと見えていたが、今回のビジュアルではディテールまでが明らかになっている。また、狂気に満ちた真戸の表情にも注目だ。原作では、エキセントリックな性格ながらよき上司として相棒の亜門(鈴木伸之)らにも慕われていた真戸を、大泉はどう演じるのか。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル