DeNA 三上朋也・涼しい顔で8回のマウンドへ

DeNA 三上朋也・涼しい顔で8回のマウンドへ
 開幕から立ち位置を変えることなく、黙々と投げ続けている。

 開幕から立ち位置を変えることなく、黙々と投げ続けている。勝ち試合はもちろん、同点、僅差の負け展開でも頼りにされる。三上朋也はそんな存在だ。チーム最多の32試合に登板し、セ・リーグ3位タイとなる17ホールドを記録(6月15日現在)。ともに勝利の方程式を担うパットン、山崎康晃がそれぞれ配置転換を経験する中で、8回を絶対的なものにしている。「数字的なものはまったく意識しません。ケガをせずに1年間、一軍の戦力であり続けることが大事なので」。プロ4年目でありながら、ベテランのような落ち着いた振る舞い。「勝ちに貢献するために、与えられた1試合に全力を尽くす。それしかありません」と力強く言い切った。

 大魔神・佐々木主浩が去ってから、ベイスターズでは長く守護神不在が叫ばれてきた。泣きどころ解消の救世主として注目を集めたのが2014年。三上にとってのルーキーイヤーだった。中畑清前監督がクローザーに抜てき。球団の新人記録を塗り替える21セーブ(当時)を挙げ、ブルペンに欠かせなくなった。

 2年目は右ヒジ炎症などで21試合だったが、昨年は59試合と見事な巻き返し。山崎康晃につなぐセットアッパーとして32ホールドをマークした。今年も5月17日の広島戦(マツダ広島)で防御率5.63まで悪化しながら、そこから11試合連続無失点を継続中。さすがの一言だ。今季から新選手会長にも就任。サクサクと仕事をする姿は、実に尊い。
(更新日:2017年6月26日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME