top_line

長嶋一茂、愛妻に不満なし「こみ上げる材料は売り払った」

SmartFLASH

 

 2月21日放送の『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が結婚から学んだ夫婦円満の秘訣を語った。

 

 結婚生活において「男のほうが耐えている」と持論を主張し、妻への不満などについて「こみ上げるものがない。こみ上げる材料を20数年かけて売っぱらった感じ」と語った。

 

 

「人生でなにが大事かっていうと『あきらめること』。54歳だけど、いかにあきらめるか、そっちに(気持ちを)チェンジしてから楽になった」

 

 2019年12月13日放送の同番組で、一茂は「妻に叱られない術をわかっている。ここまでいったら怒られるっていうライン、線引きができている」と主張。

 

 自身について「怒られて育ってきたタイプ。叱られて自分の人生のリズムをとってきた」と、野球選手としてコーチや先輩、監督から叱られて成長してきたと明かし、「怒られるのは期待されている証拠。妻にも怒られたい願望がある」とコメント。

 

 妻のスケジュールを知っているにもかかわらず、友人とランチ中の妻に「なにしてるの?」とLINEして、既読スルーされたうえで、帰宅した妻から「覚えてないの?」と詰め寄られ、怒られることに喜びを感じると話して笑っていた。

 

 愛妻から怒られることもコミュニケーションの一つと考えている一茂。それも夫婦のあり方なのだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル