top_line

恋の終わり、情けない男心を歌った髭男「相思相愛」を読み解く

UtaTen

恋の終わり、情けない男心を歌った髭男「相思相愛」を読み解く

ラブソングかと思いきや…




みなさんは「相思相愛」と聞いて、どんなシチュエーションを思い浮かべますか?

恐らく、ラブラブでハッピーな状況をイメージしますよね。

しかし、Official髭男dismの楽曲『相思相愛』は少し違います。

歌われているシチュエーションはなんと、長く付き合った彼女との別れ際。なぜ矛盾するようなタイトルなのか気になりますよね。

早速歌詞をチェックしてみましょう。



冒頭は自分自身への荒んだ問いかけから始まります。なぜ失意のどん底にいるのでしょうか?

続く歌詞をみてみましょう。



この部分から、長く付き合っていた恋人と別れたことが分かりますね。それと同時に主人公のモヤモヤした気持ちも伝わってきます。

「せめて最後くらいは」と一体何を望んでいるのでしょう?引き止めて欲しかったのか、それともさっぱり別れたかったのか。

答えは、続くサビにあります。

男の弱さがチラリ





主人公が後悔していたのは、ハッキリと「さようなら」を言い切れなかったことだったようです。

このモヤモヤ、失恋した経験がある人ならきっと共感できるはず。

100%嫌いになってくれれば諦めがつくものの、最後ちょっと優しくされたりすると期待してしまいますよね。

そして実は、振る側は心のどこかで相手のその気持ちに気づいてるんです。分かってるけど、優しくしちゃうんです。

なぜなら、弱いから。結局お互い1人になるのは怖いんですよね。

そんな弱さ、ズルさ、情けなさは、次のサビでも表現されています。



楽曲は男性目線で歌われていますが、女性も共感できるのではないでしょうか?

恋を終わりにするのは、振られる側以上に振る側も勇気がいることなんですよね。

辛い言葉が並ぶラストのサビに涙



2回目のサビまではハッキリとお別れできなかった後悔が歌われていますが、最後のサビはやや違います。



実際に言われたら耐えられないような言葉ですよね。主人公は彼女に直接伝えたのでしょうか?

4行目の「傷つけすぎたな」という表現からは、直接伝えたようにも思います。
しかし、4つ目のセリフに注目するとやや疑問符。彼女の前で「彼女」と表現するでしょうか?

真偽は確かめようがありませんが、確かなのは「まだ彼女のことが好きである」ということ。

そして、彼女もまだこの主人公のことを想っているのではないでしょうか?

だから、楽曲のタイトルは「相思相愛」。
そう考えるととても切ない楽曲ですよね。

お互い好きでも、想い合っていたとしても、うまくいかない事もあるようです。

同じような境遇にある方、ぜひヒゲダンを聞いて感傷に浸ってください。

そうではない方は歌詞の意味を考え、色々想像を膨らませてみてくださいね。


TEXT ゆとりーな

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル