top_line

女性のあるある!男性から「予想以上に魅力的に映るもの」

愛カツ

男性から好かれるために、無理に興味のない話題や、本当は嫌いなのに「料理好き」など、男ウケを意識した趣味を装っていませんか?

好きでもないことに、装うのってだんだん疲れてきますよね。

その一方、自分が普通だと思っていたことが相手にとって魅力的に映ることもあるんです。

自分ではモテると思っていなかったのに、“妙に食いつかれた話題・彼氏が出来るきっかけになった体験”とは。

家族を大事にしている

「いまの彼は飲み会で知り合ったんですが、私が以前の仕事を辞めた理由を『家族を大事にしてて偉い』って初対面で褒めてくれたのがきっかけでした。
私は祖母が亡くなるまで3年くらい介護してて、そのために仕事辞めてたんです。

履歴書などでは不利になってしまう経歴なのに、こんな風に思ってくれる人もいるんだと嬉しかったです」(29歳/アルバイト)

家族の話題について、自分では「こんなこと言ったら引かれるかも」と思うことってありますよね。

でも、家族を大事にする男性の場合は、「こんな子と結婚したら僕の家族も大事にしてくれそう」と捉えてくれる人もいます。

勝手に卑屈になるのはもったいないですよ。

ズボラ料理を「食べさせて!」

「飲み会で『1人暮らしだと1回カレーを作ると1週間くらいカレーが続いてしまう……』『最後に鍋に残ったカレーに出汁を足した熟成カレーうどんが最高』という話をしました。

すると『それ食べてみたい!!』と複数の男性から食いつかれて。こんな話題がウケると思っていなかったので衝撃でした」(25歳/ネイリスト)

女性の立場からすると、ズボラ料理や手抜き料理って人に言うのは恥ずかしいって思いますよね。

でも、男性から見ると「手抜きできるって基本が出来ているからこそ」「同じ料理でアレンジできるってカッコいい」など、良い印象を持ってくれるんです。

思い切って、食事の嗜好を話してみるのもいいですよ。

アイドル好きを公言したらなぜかモテた

「会社で飲み会の日を決めるときに決まりそうになった日があったんですが、『その日はちょっと地下アイドルのイベント行くから絶対無理』と、ぽろっと言ってしまったんです。

そしたら、後で社内チャットで普段あまり話したことない男性の同僚からメッセージが来て、同じイベントに行くことが判明。

それを機会に仲良くなって、いい感じです。他にもアニメや声優ネタで話しかけられることが増えて、『実は俺も好きなんだよね』という話で男性との距離が縮まった気がします」(26歳/IT関連会社勤務)

同性である女性アイドルファンの女性って意外と多いですよね。

でも、男性からするとアニメ、ゲームなどを「好き」と公言した場合、オタクだと思われそうで言えない……と内心思っている人は、実はすごく多いのです。

好きにものは好き、と堂々としている方が、周りも「俺もそれ好き」と言いやすくなりますよ。

どこでモテるかは分からないもの

人と同じように、変に思われないように……と本当の自分を隠して振る舞っていても、人の記憶には残りづらいものです。

ちょっと勇気を出して本当の自分や、好きなものを見せたときに、それを見た人の中には必ず共感してくれる人も現れます。

何もないと思っていることも、他の人にとってはすごく興味のある話題かもしれません。

ちょっと勇気を出して自分のことを出してみると、本当に気の合う人と出会えるチャンスも広がりますよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル