top_line

石破茂、いまも続ける「漁船衝突事故」遺族とバーベキュー

SmartFLASH

2019年夏、吉清美恵子さん(前列右端)と親族とのバーベキューにて(写真提供・美恵子さん)

 

「これだけマスコミが来たのは、“あの事故” 以来だね」

 

 新型コロナウイルスの感染拡大で、中国・武漢市から帰国した日本人を受け入れた「勝浦ホテル三日月」がある、千葉県勝浦市。現地で話を聞くと、市民から、そんな言葉が聞こえてきた。

 

“あの事故” とは、2008年2月19日に起きた海上自衛隊のイージス艦「あたご」と、漁船「清徳丸」の衝突・沈没事故のことだ。清徳丸船長の吉清治夫さん(当時58)と長男の哲大さん(同・23)が、帰らぬ人となってしまった。

 

 

「今回、ホテル三日月がニュースになったのを見て、私も思い出しちゃったの。あの事故のときも、2月末に予定していた『かつうらビッグひな祭り』が中止になりそうだったなって」

 

 そう語るのは、治夫さんの自宅だった家に現在ひとりで暮らす、治夫さんの妹・吉清美恵子さん(64)。事故当日、現場の野島崎沖は穏やかだった。

 

「私、穏やかな海を見るのが好きじゃないんです。事故のときも暖かくて、風がなくて、穏やかな海だった。だから、事故の日を思い出しちゃって、涙が出るの」(美恵子さん、以下同)

 

 美恵子さんは、「いまだに亡くなった2人が夢に出る」と言う。

 

「川津港の港口を見渡せる高台に、2人のお墓があります。私は港口を、まともに見られない。でもね、いつも2人は一緒に、いい顔で夢に出てくるの。それが救いなんです」

 

 それでも美恵子さんは、「誰かを恨むこともない」という。

 

「今年で13回忌。毎年2月の命日には、海上自衛隊の方が来てくれます。それから、石破茂さんが、毎夏のお盆に、ひとりで線香をあげに来てくれるので、みんなでバーベキューをするんですよ。

 

 石破さんは、『なにか困ったことある?』と、いつもいろいろと愚痴を聞いてくれる。私と同世代ということもあって、キャンディーズの話で盛り上がったりね(笑)。おかげで、ここまでやってこられました。人を恨まないで、なんとか……」

 

 石破茂衆議院議員(63)は、事故当時、福田康夫内閣の防衛相だった。だが、衝突事故の遺族を毎夏訪れ続けていたとは――。

 

 取材を申し込むと、「こんなことがニュースになるの? このことを話すのは初めて。もう13回忌だよね」と感慨深そうに、こう続けた。

 

「美恵子さんは、お話し好きな方でね。でも、悪口や恨み事はまったく言わない。私こそ、感謝しているんです」

 

 石破氏は、事故2日後に担当大臣として吉清さん宅を訪れたことを、鮮明に覚えている。

 

「ご遺族から、どんな罵詈雑言を浴びても『とにかく海上自衛隊の信頼回復につとめるしかない』と思いましたね」(石破氏、以下同)

 

 誠心誠意、情報は隠さず、説明する。その方針を貫いたため、新事実が出るたびに訂正を重ねることに。石破氏の辞任を求める声も高まった。

 

「しかし、事故後しばらくしてから、福田総理がSPも秘書官もつけず、ひとりで勝浦を訪問されたんです。そのとき、ご遺族、ご親族が連名で、『辞めさせることだけが、責任の取り方ではない。再発防止の方策をしっかりと確立してもらいたい』という内容の手紙を、福田総理に託された。

 

 おかげでそれから半年間、私は再発防止策と、防衛省改革に邁進できたんです」

 

 防衛省の「改革案」をまとめた後の2008年8月。内閣改造に際して、「けじめをつけたい」と留任を固辞。福田首相も受け入れた。

 

「大臣から外れてすぐに、線香をあげようと、ひとりで電車に乗って勝浦に向かいました。ご遺族とご親族が20人ほど集まってくれてね。『供養だから一杯やろう』と、伊勢エビやサザエを食べて、お酒を飲んで。

 

『福田さんにも持っていってよ』と、30kg近い海産物のお土産も持たせてくれた。総理公邸で、福田総理と食べましたよ(笑)。

 

 2009年の総選挙のときには、皆さんで私の地元・鳥取まで応援に来ていただいた。そんなご縁がいただけるとは、思いもしませんでした。

 

 御霊に対する思いもあるし、ご遺族とご親族への思いもある。議員であるかぎり、できればこのまま、毎年お邪魔したいと思っています」

 

 イージス艦事故への対応は、その後の教訓にもなった。

 

「事実を隠し、捻じ曲げると、そのときはうまくいったように見えても、後から大きなツケが回ってくる。『危機管理とは、そういうものだ』と、いまでも思っています」

(週刊FLASH 2020年3月3日号)

TOPICS

ジャンル