top_line

物を大切にする世代【中国】

ワウネタ海外生活


中国には「70后、80后、90后」という言葉があります。「70后」とは、1970年代に生まれた人で、「80后」は1980年代生まれの人です。「70后、80后、90后」では、物の価値観が違ったり、生活パターンが違っているので、それぞれの世代で生活が違うということを表す時に使っている言葉になっています。

最近は「00后、10后」つまり、2000年代に生まれた人や、2010年に生まれた人に対は、贅沢に育ち、物を大切にしない世代として使うことも沢山ありますが、反対に「50后、60后」になると、物を大切にしすぎる世代として使われていることがあります。

田舎には、苦労した世代で物を大切にする1950年代や1960年代の人が多く、道端には定期的に修理屋さんがやってきて、彼らの靴やカバン、そして洋服を修理してくれます。ちょっとした靴の穴も、短時間でパパッときれいに直してくれますし、革のカバンも、端が擦れたり、ツヤがなくなってきたら、ぴかぴかに磨き上げてくれます。新品同様とまでいきませんが、日本から持ってきたお気に入りの革鞄などは、この場所ですぐに直してもらうことも可能です。

ただし、最初に料金を交渉しておかないとぼったくられることもあるので要注意です。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル