top_line

ビタミンC&食物繊維が豊富!腸活と美肌に◎なイチゴの魅力

つやプラ

「イチゴ」といえば、「ビタミンC」による美肌効果などで知られていますが、フルーツのなかでも「水溶性食物繊維」が豊富なことも特徴的です。

腸活といえば乳酸菌や発酵食品を摂ることが多いですが、この時期が旬のイチゴもおすすめです。

管理栄養士の筆者が、イチゴが腸活におすすめな理由をご紹介します。

■イチゴに含まれる「食物繊維」とは?

イチゴには「食物繊維」が1.4g(可食部100gあたり)含まれています。食物繊維が多いとよくいわれるバナナは1.1g(可食部100gあたり)なので、同じ重量で比べるなら、イチゴはバナナよりも食物繊維が豊富です。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類がありますが、イチゴには水溶性食物繊維が0.5g、不溶性食物繊維が0.9g(可食部100gあたり)含まれています。

最近では食物繊維の摂取量が少ないことが問題視されていますが、なかでも水溶性食物繊維は特に摂取量が少ないといわれています。

水溶性食物繊維の働き

水溶性食物繊維は、水に溶けてゲル状となり、便をやわらかくして腸内を通過しやすくしてくれます。そして、体内の不要なものを便として身体の外に出す働きがあります。

腸内をスッキリさせるため、腸内環境を整えるために大切な栄養素です。

イチゴは数あるフルーツのなかでも水溶性食物繊維が豊富なので、腸活に嬉しいフルーツといえますね。

■便秘改善!イチゴのスムージー

食物繊維は毎日摂取することが大切です。朝食や、小腹が空いた時に簡単に作れるスムージーをご紹介します。

材料(1人分)

・イチゴ 5粒

・バナナ 1/2本

・牛乳 100ml

・ヨーグルト(プレーン) 大さじ2

作り方

(1)バナナは皮をむいて一口大サイズにカットしておきます。イチゴはヘタをとり、洗っておきます。

(2)(1)とそのほか全ての材料をミキサーにかければ完成です。

バナナも食物繊維が豊富なので、イチゴと一緒にスムージーにすることで、たっぷり食物繊維を摂ることができます。

そのまま食べても、スムージーやヨーグルトと一緒に食べても美味しいイチゴ。腸活している人や、便秘気味の人は、ぜひ旬のイチゴを食べてみてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

TOPICS

ジャンル