top_line

映画『パラサイト』で描かれる“半地下家族”が抱える問題

女性自身

映画『パラサイト』で描かれる“半地下家族”が抱える問題

2月10日(日本時間)に行われた第92回アカデミー賞で、『パラサイト 半地下の家族』(以下、『パラサイト』)が、作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4冠に輝いた。ポン・ジュノ監督(50)が成し遂げたこの偉業は、韓国映画101年の歴史上初であると同時に、非英語の作品としては初めての快挙だーー。

 

『パラサイト』は、“半地下住宅”で暮らす貧しい家族・キム一家4人を中心にしたストーリー。しがない内職で生活をつなぐ4人が、巧みに裕福な家庭・パク家に入り込み、家庭教師や運転手、家政婦につくことで、彼らに“寄生”していく様子が描かれている。

 

「いま、国内外で話題を呼んでいるのは“チャパグリ”という料理。劇中で、家政婦についた母・チュンスクがパク家に振る舞ったもので、実際に売られている『チャパゲッティ』『ノグリ』という2種類のインスタント麺を混ぜて作る手軽な料理です。同商品のメーカーである『農心(ノンシン)』もこの快挙にあやかり、“お祝いキャンペーン”を催しています」(韓国在住ジャーナリスト)

 

企業も国民も“祝賀ムード”に沸く韓国。しかし、この受賞を“手放しでは喜べないはず”と語るのは、ジャーナリストで『コリア・レポート』編集長の辺真一(ピョン・ジンイル)さんだ。

 

「たしかに快挙かもしれませんが、この映画は韓国の格差社会を、あまりにリアルに描いたノンフィクション映画といってもよい。つまり、韓国における“社会の恥”が明らかになった作品でもあるのです」

 

キム家が住む“半地下住宅”という設定は、韓国の実態にもとづいている。

 

半地下部屋とは、地上と地下の間に位置する居住空間のこと。もともとは、’60年代後半、南北問題が緊迫化するなかで、北朝鮮の侵攻に備えた地下の避難場所として、住宅施設に設置が義務づけられていたものが、徐々に居住空間へと変わっていった。

 

家賃は一般的なアパートの半額で約3万~5万円程度。キム家のように収入の少ない家庭や若者、年金のみを頼りに生活する高齢者などが住んでいるという。

 

「’15年の韓国政府が発表した統計によると、約86万人が半地下または地下に住んでいるといわれています(韓国の人口は約5,000万人)。住民の生活は苦しく、日光が差さない半地下住宅は、カビ・高湿度・プライバシー侵害などの問題を抱えています」(前出・在住ジャーナリスト)

 

皮肉にもポン・ジュノ監督の快挙によって抉り出された驚きの実態。アカデミー賞受賞は、貧困層に“光が差す”きっかけになるだろうか。

 

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル