top_line

『知らなくていいコト』吉高由里子と柄本佑なら不倫も許される?

SmartFLASH

 

 2月12日に放送された『知らなくていいコト』(日本テレビ系、水曜22時~)の第6話を見て驚いた。芸能人の不倫騒動が世間を賑わせている今、これほどまでに堂々と不倫を描くとは……。

 

 雑誌記者・真壁ケイト(吉高由里子)は、柄本佑演じる元カレで動物カメラマンの尾高由一郎が、既婚とわかっていても、どうしようもなく惹かれ、また尾高も同じ思いを抱き、ついに2人はキスを交わしてしまう。

 

 伏線はあった。

 

 

 既婚の棋士と女優の不倫ネタを追いかけているときに、ケイトは笑顔でデートする2人を見つめ、「この幸せを私は奪っていいのだろうか?」とつぶやく。

 

 さらに、2人への突撃インタビューで、「私は先生を愛しています。私たちは犯罪者じゃありません」と女優がきっぱり言い切ると、ケイトは「かっこいい」とその生き方を肯定したのだ。

 

 この展開にネットは騒然となった。

 

《不倫、ダメ絶対派だったのにこんなの揺らぐわ~》
《不倫はあかんと思うけど、あんなセリフ言われたらやっぱり嬉しくなるよなぁー》
《愛のない体の関係だけの不倫ならクズだな!で怒れるけどこんな気持ちこもった不倫を知ったら悲しいだけ…》

 

 いけないこととは知りながら、好きな気持ちは止められない……。でも、榎本佑と吉高由里子なら不倫だって許せるというのは、ちょっと納得がいかない気もする。ドラマウオッチャーの晴川日月奈氏は、このドラマをどう思っているのか。

 

「さすが大石静さんの脚本って感じがします。世間に迎合せず、誰に何と言われても、自分の人生は自分で決めればいいという彼女の生き方が色濃く反映されているなと思いました」

 

 大石静といえば、『セカンドバージン』『コントレール~罪と恋』、『大恋愛~僕を忘れる君と』など、数多くの恋愛ドラマを世に送り出し、ラブストーリーの名手との評判も高い。

 

「大石さんが書かれた『愛才』は、恋愛体質の妻と、それを見守る夫、妻の自堕落な愛人の三角関係を描いていますが、これは大石さんの半自叙伝と言われています。常識にとらわれないからこそ、人と違った作品が書けるのかもしれませんね」

 

 実際、大石静は「常識とか倫理とか、そういうものの向こう側にこそ、真実はあると思う」とインタビューで答えている。

 

 第6話の視聴率は8.4%で、前回より0.3%ダウンしたが、次回予告で、ケイトは誰かに刺され、出生の秘密を暴露され、「バチが当たった」とつぶやく展開になっている。やはり世間は不倫を許さないということか。今日放送の第7話で、またもネットが騒然となる予感がする。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル