top_line

コレが原因!?恋が短命で終わってしまいがちな女性の特徴4つ

myreco

彼氏がいても男友達と付き合い続ける


Comeback Images/stock.adobe.com

知り合いの女性は、恋が短命で終わってしまうタイプでした。

彼女の様子をみていると、せっかく彼氏ができても男友達との付き合いをやめません。


さらには、二人きりで食事にまででかけてしまうんです。

あくまでも彼女は友達として付き合っているだけで、浮気をするつもりはないんだそうです。


しかし彼からしてみれば、自分の彼女が知らない男性と二人きりで歩いている状態は、決して良い気持ちがしないはず。

いくら「遊びに行ってきてもいいよ」と言っていたとしても、本心は行ってほしくなかったのかもしれません。


彼氏ができたら、あくまでも彼氏を優先。

基本的なルールを守るだけでも状況は変わるでしょう♡


趣味や習い事が多く時間的な余裕がない


metamorworks/stock.adobe.com

せっかく彼氏ができても短命で終わってしまうのは、彼とデートする時間がないからかもしれません。


ようやくお休みに入っても、今度は趣味や習い事を優先。

しかもダンスやヨガとなれば、個人練習する時間も必要になり、本格的にハマればさらに勉強したくなります。


おそらく彼は、そんな彼女を最初のうちは自慢の彼女と思っていたはずです。

しかし一向にデートができないとなると、さすがに寂しくなってくるのかも……。


けれど、趣味に一生懸命な彼女に対して「寂しい!」「会いたい」とは言いにくいはず。

時間的な余裕をつくるだけで、恋の寿命をのばせる可能性はありますよね。


ずっと言いたいことを我慢して、いきなり大爆発しちゃう


naka/stock.adobe.com

学生時代からの古い友人は、不満をため込む癖があります。

そして、恋が短命で終わってしまうタイプ。


普段蓄積されているストレスを大爆発させた結果、いつも別れてしまうんです。

一度に爆発するのではなく、定期的に話し合えばいいはずなのに、感情的になって「別れよう!」と告げてしまう……。


もしかしたら、もっと彼の前ではありのままでいてもいいのかもしれません。


怒りたいときは、怒る。

すねたいときは、すねる。


それくらいの喜怒哀楽をみせていたほうが、大爆発せずに彼にも自分の状態に気づいてもらえるかも。


言いたいことがあるなら、喧嘩をおそれずにきちんと伝える。

これからの恋には感じたことをそのまま伝える「勇気」が必要です。


飽きっぽく、冷めやすい


polkadot/stock.adobe.com

熱しやすく冷めやすいタイプの場合。

最初のうちは盛り上がるけれど少しでも彼の嫌な部分がみえると、一気に冷めてしまう可能性があります。


たったひとつだけなのに、本人にとっては「もう嫌!」という状態。


つい1週間前まで、「彼とはずっと仲良くいられる気がする」と言っていたはずなのに、もう雲行きが怪しい……。

長くお付き合いしたいなら、これまで以上に相手の嫌な部分を何度も飲み込まなくてはいけません。


ぶつかるときもあるし、彼に自分の気持ちが伝わらないときもあります。

それでも「この人とちゃんと付き合いたい」と思い直すことで、ちゃんと相手と向き合えるようになるんです。


あとは妥協したまま、恋をはじめないことも大切です♡



恋が短命で終わってしまう=本人に魅力がないわけではありません。

ただ恋をするうえで、コツをなかなか掴めていないだけなんです。


今は焦らずに、次の恋に向けて準備を進める時期。

今までの恋を通して学んだことを、新しい出会いに活かしましょう♡

TOPICS

ジャンル