top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

槇原敬之変えた元社長との愛憎 27年前から交流もトラブル発展

女性自身

槇原敬之変えた元社長との愛憎 27年前から交流もトラブル発展

2月13日、槇原敬之容疑者(50)が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。その発端は、’18年3月。元事務所社長で長年にわたり同居していた男性・A氏が逮捕されたことだった。

 

彼はいったい、どんな人物なのか。事件を取材してきたスポーツ紙記者はこう語る。

 

「’99年8月、槇原容疑者は覚せい剤所持で逮捕されました。A氏はそのときもいっしょにいて、逮捕された人物です。小柄で小太りの体形。2人は、27年前から交流があったそうです。’06年、槇原容疑者はA氏を個人事務所の代表にも就任させています。’18年にA氏が再び逮捕されるまでは、ずっといっしょに住んでいたようです」

広告の後にも続きます

 

 

それほど重要な“パートナー”だったA氏。彼の存在が、槇原容疑者に与える影響は大きかった。

 

「2人を知る人たちは『簡単に切れる関係じゃない』と言っています。A氏の実家は神社で、両親も神主。それもあってか、槇原容疑者は彼を“御神職さま”と呼んで心酔していました。A氏を事務所の代表に据えたのも、そういった“スピリチュアル”な才能に期待したことも大きかったようです。彼の影響は曲作りにも及んでいます。最初に逮捕される前、槇原容疑者は“恋愛ソング”を多く手掛けていました。しかしA氏と仕事するようになってからは『世界に一つだけの花』に代表されるような、“人類愛”や“平和”を歌う方向へとシフトしていきました。そこにはA氏の“陰のプロデューサー”としての助言もあったようです」(前出・スポーツ紙記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル